春や秋は、ペットの抜け毛に悩まされる人も多い事でしょう。

大型犬や毛の多い種類の猫だったりすると、家中が毛だらけになって大変ですよね。

抜け毛を放置しておくと、毛同士がくっつき合ってカチカチの毛の塊が出来てしまったりします。

s-356ペキュート_091219_113611_AM

そうなると、取るのがとても難しくなってしまうので、動物病院のお世話になることも。

ですが、ブラッシングしたくても、嫌がってさせてくれないペットも多いです。

そこで今回は、嫌がられにくいブラシとして、ペキュートをご紹介いたします。

ペキュートって何?

ペキュートは、犬や猫、ウサギ用に作られたブラシです。

アメリカで大人気の、プロのトリマーも使っている、「ファーミネーター」というブラシがあるのですが、それと同じような作りになっています。

とても良い商品で一般の人も多く使っているようですが、ファーミネーターはとても高価なので、ペットに気に入って貰えなかった場合を考えると、なかなか手が出せないんですよね。

s-IMG_20190828_094727_091219_113631_AM

その点、ペキュートは値段が手頃なので手が出しやすいと言えるでしょう。

Amazonなどのネット通販で簡単に入手出来ますよ。

ペキュートの特徴

ペキュートを、我が家の猫に使ってみた時の様子をまとめてみました。

猫が喜ぶ

やはり、これが一番気になる点でした。

ブラッシング嫌いな我が家の猫のために、いくつかのタイプのブラシを試しましたが、どれも嫌がり逃げられてばかり。

でも、このタイプのブラシは好きみたいで、気持ち良さそうに横たわります。

アンダーコートまでゴッソリ取れる

猫は、表面の毛の下にアンダーコートと呼ばれる毛が密集しています。

ブラッシングでは、アンダーコートを取ってスッキリさせてあげたいですよね。

ブラッシング嫌いなうちの猫に、「濡れた手で撫でながら毛を取る」という作戦を取っていた時期もありましたが、これだと表面の毛しか取れないんです。

ペキュートなら、猫が嫌がらないだけでなく、アンダーコートまでゴッソリ取る事が出来ました!

あまりに取れるので心配になりましたが、猫本人はうっとりと目を閉じて気持ち良さそうです。

我が家には3匹いるのですが、近くで順番待ちをしている時もあるくらいお気に入りです。

力を入れなくて良い

ペキュートは、若干重めに出来ています。

そのため、力を入れてブラッシングしなくても、軽く撫でるだけで自然と毛が取れるのです。

持ちやすいので、飼い主さんも疲れないですよ。

抜けた毛は、ボタン一つで取り除ける

ブラシについた抜け毛は、ボタンを押す事でスルッと取れちゃいます。

そのままゴミ箱にポイ!

とても簡単に処理できるので、毎日気軽にブラッシングが出来ますよ。

色々なサイズがある

我が家は猫用を購入しましたが、サイズが選べるので大型犬やウサギにも使えますよ。

最後に

ブラッシングを嫌がるペットでも、これなら喜んでくれたという声が多い「ペキュート」。

我が家の猫達も、今ではすっかりブラッシング好きな猫になっています。

アンダーコートまでしっかり取れるので、毛割れも防げますよ。

何と言っても金額が安いのが魅力ですね。

毛の絡まり予防にもなるので、ブラッシングは是非してあげてくださいね。