日本各地に、珍スポットと呼ばれる面白い場所が存在します。

神奈川県にも、そういう場所がいくつかあるんですよ。

35d551d505bbb1ba3440e46968ccc0bd_s_020220_020127_PM

ちょっと変わった風景は、SNS映え間違いなし!

ここでは、面白くて思わず写真を撮りたくなるような、珍スポットを集めてみました。

鷹取磨崖仏 (横須賀市)

横須賀市の鷹取山公園には、巨大な仏像があります。

なんと、高さ8メートル、幅4.5メートル!

岩に掘られていて、まるでインドか中国にいるような感覚になります。

制作したのは、横須賀市の彫刻家で藤島茂さん。

昭和35年に作られました。

久里浜霊園の巨大な手 (横須賀市)

久里浜霊園にある三浦大仏も、その大きさにびっくりです!

高台にあるので歩くとちょっと疲れますが、海を見渡せて気持ちの良い場所です。

ここの広場にあるのが、巨大な手の石像です。

地面から生えている手に、驚くことでしょう。

五重塔もありますよ。

巨大な顔の大船観音 (鎌倉市)

JR大船駅のホームから、山の上に巨大な顔が見えます。

真っ白で本当に大きいので、初めて見る人にとっては衝撃的でしょう。

これは、高さ25メートルの大船観音です。

胸から上だけでこの大きさなんですよ。

拝観料は300円です。

1kmもある、田谷の洞窟 (横浜市)

横浜市には1kmもの距離がある、人工の地下洞窟があるんですよ。

定泉寺田谷山瑜伽洞は、とても珍しい地下伽藍。

鎌倉時代の僧侶が修行のために掘り始めたと言われている、大変歴史を感じる洞窟です。

250メートルだけ一般に公開されており、ロウソクの灯りを頼りに中に入っていきます。

壁や天井には、曼荼羅や羅漢像、梵字などが施されています。

それらを見ながら、ロウソクの火が消えないように、ゆっくりゆっくり進みます。

暗くひっそりとした空間は、どこか現実世界と離れたように感じます。

下駄の大きさ世界一!大雄山最乗寺 (足柄市)

広々とした敷地の大雄山最乗寺には、天狗の銅像がたくさんあります。

天狗の履物である下駄も、大小さまざまな物があります。

その中でも特に大きいのが、世界最大とされる3.8トンのゲタです。

周囲にはたくさんの下駄が置いてあり、SNS映えするスポットです。

この投稿をInstagramで見る

👺

Christian Coulson(@ceeofcee)がシェアした投稿 –

最後に

神奈川県にある珍スポットを紹介いたしましたが、いかがでしたか?

巨大な手や顔、下駄など、どれもアッと驚くものばかり。

今回紹介したのはお寺関係が多いですが、他にも色々珍スポットがあるかも知れません。

普段から気にして歩いてみるのも、面白そうですね。