夏の花と言えば、アサガオを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

青やピンク、白など、カラーバリエーションが豊富で、古くから日本人の目を楽しませてきました。

3631562_s_062920_112832_AM

品種改良が進み、現在ではとてもたくさんのタイプを見ることが出来ます。

そんなアサガオの種類から、代表的なものをご紹介いたします。

アサガオって、どんな植物なの?

アサガオは、ヒルガオ科サツマイモ属に分類されます。

原産地は熱帯アジアやヒマラヤ山麓です。

長いツルを伸ばし、6~10月に花を咲かせます。

夏の風物詩として、日本人に馴染みの深い植物です。

代表的な日本アサガオ

アサガオは大きく分けて、日本アサガオと西洋アサガオがあります。

まずは、日本アサガオから代表的な品種を挙げていきますね。

紅ちどり

小柄な花を咲かせ、色は赤紫で白い覆輪が特徴。

白い散り斑のある葉をしています。

舞姿

花は、紫色の曜白咲きです。昼まで咲き続けるのが特徴です。

琉球アサガオ

白やブルー、ピンク、紫など、色のバリエーションが豊富です。

普通のアサガオよりもツルがよく伸びるので、グリーンカーテンに向いています。

代表的な西洋アサガオ

昼頃まで咲き、花の時期が遅くて秋になっても咲き続けます。

ヘブンリーブルー

爽やかなブルーがとても美しい、人気の品種です。

青の濃さは、条件によって変わります。

フライングソーサー

こちらも爽やかなブルーが印象的ですが、白地にブルーの絞り咲きとなります。

時々、白や青の単色で咲くこともあります。

とても涼し気で、人気の品種です。

スカーレットオハラ

鮮やかな紅色一色の花を咲かせます。

日よけに育てられていることが多いです。

花言葉は色によって違う?

アサガオの花言葉は、色によって違うって知っていましたか?

  • 青・・・儚い恋、短い愛
  • 紫・・・冷静、平静
  • 白・・・固い絆、あふれる喜び
  • ピンク・・・安らぎに満ちたりが気分
  • 赤・・・はかない情熱的な愛

これらの他に、次のようなアサガオ全般の花言葉があります。

  • 明日も爽やかに
  • 結束
  • 愛情の絆
  • 私はあなたに絡みつく

どれもアサガオらしい言葉ですね。

「私はあなたに絡みつく」は、少し怖い感じもしますね。

最後に

夏の風物詩であるアサガオには、たくさんの品種が存在しています。

大きく分けて、日本アサガオと西洋アサガオがあります。

西洋アサガオの方が花の時期が遅く、秋まで花が楽しめるのが特徴です。

どちらのアサガオもツルがよく伸びるので、グリーンカーテンにする人も多いです。

また、花言葉が色によって違うのも興味深いですね。

たくさんの魅力を持つアサガオを、あなたも育ててみませんか?