みなさんは、カボチャは好きですか?女性は好きな人が多いですが、男性も食べます。

食べ物は旬に食べると、余計美味しいという可能性はあります。

食べる理由は、「好き」等様々です。

aac6fe80f1f472ffdc5f274142bce284_s_122019_100702_AM

カボチャは、いろいろな料理方法があります。

カボチャの旬はいつなのか・どのような栄養があるのか・選び方等、気になるのでまとめてみました。

カボチャの旬はいつ?

カボチャが好きな人は、季節に関係なくいつでも食べたいと思うかもしれないです。旬の時期に、カボチャを食べると美味しくてテンションも上がります。

カボチャの旬はいつなのか、気になるので見てみましょう。

カボチャには日本産と輸入産がありますが、旬の時期には違いがあります。どのように違うのか、比べてみます。

日本産

カボチャの旬は、6月~12月です。少し時期に幅があるのは、なぜでしょうか?

収穫する時期は夏ですが、採れたてのカボチャは甘みが少ない可能性もあります。

2~3ヶ月間、貯蔵する事によりでんぷんが糖分に変わり甘みが増して食べ頃になります。

その為食べ頃の旬の時期は、秋から冬となるので9月~12月頃です。

日本産でも収穫した産地別で、旬の時期が数ヶ月ずれる可能性はあります。

カボチャは主婦や一人暮らしの人は、料理のレパートリーが増えるので良いという事は考えられます。

輸入産

カボチャは外国からは、メキシコとニュージーランドから輸入しています。メキシコ産の旬は、12月~2月です。2月を過ぎても6月頃まで食べられるので、カボチャ好きには嬉しいかもしれないです。

ニュージーランド産の旬は、2月~5月です。メキシコ産より短いですが、時期は重なっているので両方のカボチャを食べ比べしてみるのも良いアイデアという可能性はあります。

カボチャにはどのような栄養や効能がある?

カボチャは「冬至に食べると病気になりにくい」と言われ、栄養価が高い食べ物です。どのような栄養があるのか、気になります。

また栄養価が高いので、体に良い効能をもたらす可能性もあります。どのような、栄養や効能があるか見てみます。

栄養

カボチャには、カロテンやカリウム・ビタミンC・ビタミンEが多数含まれています。他には、食物繊維やカルシウムも含まれているので肌や体に良いという事は考えられます。

カボチャは、栄養が一番高い場所は「皮の部分」です。果肉以上に栄養価が高いので、食べる時は皮ごと食べるのがベストです。

料理をする時に上手な人は、皮ごと使うと使いこなせる可能性はあります。料理ベタな人は難しいですが、なるべく皮ごと使うと嬉しいという事は考えられます。

効能

カボチャを食べる事により、肌や体には良い効能があります。ガンや免疫作用、視力維持・脳卒中予防や呼吸器系統を守る働きがあります。歯や骨等を、丈夫にする効果もあります。

アンチエイジング効果や、食物繊維も豊富に含まれているので便秘の予防や改善に良いという可能性はあります。

また美肌やむくみ解消の効果や、高血圧予防・肩こり・冷え性の予防もあります。

女性には嬉しい効果なので、カボチャを沢山食べると良いという事は考えられます。

カボチャの選び方と保存方法は?

美味しいカボチャを食べたい時は、選び方を考える必要があります。カボチャの選び方や、保存方法はどうすると良いか見てみます。

選び方

カボチャは皮の表面に艶があり、手に持った時に重みを感じる物を選ぶと良いという可能性もあります。

丸くて左右対称になっている物は、選ぶ時の基準になるので嬉しいという事は考えられます。形がいびつな物は、避けると良いかもしれないです。

カットされているカボチャも、あります。果肉が濃いオレンジ色で、種がしっかり熟して膨らんでいる物は美味しい可能性はあります。

種とワタの部分が崩れていない物を探して選ぶと、美味しいカボチャに出合うという事は考えられます。

丸ごとでの保存方法

丸ごとのカボチャは、風通しが良くて涼しい個所で1ヶ月~2ヶ月保存します。新聞紙で包むと、より良い保存になります。

常温保存する時は10度前後で保存し、それ以下になると傷んで腐りやすいので気を付けて保存します。

冷蔵での保存方法

カボチャを冷蔵庫に入れる時は、水分が多い種とワタから傷むのですぐに種とワタを取り除きます。また水分が残っている場合は、キッチンペーパー等を詰めておくと良いかもしれないです。保存する場合は、冷蔵庫の野菜室で3日~4日位持ちます。

冷凍保存方法

すぐに料理しない時は、冷凍保存がベストです。まず種とワタを取り除き、余分な水気をキッチンペーパー等で拭き取ると良いかもしれないです。

次に料理に使いやすい形にカットし、1回分ずつ小分けにしてラップで包みます。なるべく、空気を抜いて密着させると良い可能性はあります。

ラップで包んだら冷凍用密閉保存袋に入れる事で、乾燥による酸化や変色・食感の悪化を防ぐ事が出来るという事も考えられます。

冷凍庫で大体2週間保存が可能なので、その間に食べてまた保存すると良い可能性はあります。

最後に

カボチャの食べ頃の旬の時期は秋から冬なので、その時期に沢山のカボチャを食べる事が出来ます。

旬の時期に、どの産地を食べるのかも楽しみの一つという事も考えられます。

カボチャは保存方法が様々なので、どの保存方法が一番良いのか考えます。そうする事で、その後の使い方の方法を間違えないかもしれないです。

またカボチャは、栄養満点で捨てる個所が無いので、保存性も高く常備野菜としてストックすると良いという事は考えられます。

カボチャは、体や美容に良い可能性はあります。料理のレパートリーも増えると家族にも喜ばれるかもしれないです。

カボチャ好きな人はもちろん、カボチャが苦手な人も一度食べてみると良いという事は考えられます。