一段と寒さが厳しくなってきました。

寒いと体が縮こまってしまったり、なんとなく体を動かすのが億劫になってしまいませんか?

そうすると、起こるのが肩こりです。

6be5a62c977a0b79831251003c026d83_s_032220_120447_PM

また、普段デスクワークをしている人は、日々悩まされているのではないでしょうか?

そこで、ちょっとの時間でできる肩こりに効くストレッチを3つ、紹介します。

隙間時間でできる簡単なものなので、仕事や家事の合間に、リラックスタイムに、ぜひ取り入れてみてください。

肩回しストレッチ

簡単にできる、肩回しストレッチを紹介します。肩を回すだけでも、意外とすっきりするものですよ!

ご自身が気持ちいいと思われるだけ、行なってくださいね。ただし、無理は禁物です。

  1. 肩に手を置く。
  2. 肘で円を描くように、クルクルと肩を回す。
  3. 内回り、外回り、両方バランス良く、行なう。

筋トレにもなる!?ストレッチ

トレーニングセンターに行かれたことのある方は、目にしたことがあるかもしれないトレーニングマシーン、「ラットプルダウン」。

こちらで行なう筋トレのようなものを、自宅で簡単にできるようにアレンジします。

無理はせず、ご自身のペースでゆっくりと行なってください。

動作中は、息を止めないように、緩やかに行なってください。

  1. 棒状のもの、またはフェイスタオルを用意する。
  2. 棒またはタオルの端と端を持ち、タオルなら、ピンと張る。
  3. そのまま、腕を上に上げる。
  4. ゆっくりと、肩に力が入らないように、リラックスさせるように、棒またはタオルを頭の後ろに下ろしていく。
  5. 再度、腕を上に上げる。
  6. 数回繰り返す。

このストレッチは、棒状のものまたはタオルが必要になるので、オフィスでの隙間時間よりは、自宅でのリラックスタイムに行なうのがいいかもしれませんね。

棒を上に上げる時に、伸びをするように上に引っ張り上げると、背すじも伸びて、気持ち良いですよ。


胸を開くストレッチ

肩が内側に入ってしまっていたり、身を縮めるようにしてデスクワークをしていたり、何かに夢中になっている時、肩が凝ったりしませんか?

そんな時に、縮こまった肩を胸からぐっと開いてあげると、開放感がありますよ。

やりすぎには注意しながら、ご自身が気持ちいいと思われるだけ、行なってくださいね。

  1. 手を体の後ろで組む。
  2. 組んだ手を、誰かに引っ張られているかのように、後ろに引く。
  3. この時、目線は前を見る。
  4. 胸が開くのを意識して行なう。引っ張った後は、力を抜いて、リラックス。

肩こりしらずになろう!

いかがでしたか?肩こりは、目の疲労や頭痛などにも繋がりますので、ぜひとも改善しておきたいところです。

今回紹介したストレッチは、本当に簡単にできますので、無理のない範囲で、ぜひ日々の生活の中に取り入れていただき、肩こり知らずの生活を送りましょう。