元気いっぱいの印象が強いビーグルは、スヌーピーのモデルになった犬種です。

大きな耳が特徴的で、とても活発で陽気な性格をしています。

3bff04f0a1b9a0bf42b968db41096b2c_s_040719_073722_PM

イギリス原産で、今では世界中で飼育されている大人気の犬です。

今回はそんなビーグルについて、性格や特徴をご紹介いたします。

ビーグルの歴史

イギリス原産のセントハウンドで、大変古い歴史があります。

ローマ時代には存在しており、ウサギを狩る猟犬として活躍していました。

嗅覚が大変優れているので、空港の検疫探知犬としての仕事を任されたりもしています。

ビーグルの体力は素晴らしく、獲物を追いながら鳴く「追い鳴き」をすることで知られています。

ウサギ狩りの際には群れで行動し、仲間たちと鳴き声で連携を図っていました。そのため、森のトランぺッターや、草原の音楽隊などと呼ばれる事もありました。

16世紀後半には超小型のビーグルが誕生し、体高は20~25cmしかありませんでした。

大型の猟犬が入りこめない場所でも狩りが出来ることから、重宝されていました。

しかし、獲物の大型化にともない人気が薄れていき、やがてビーグルの犬種標準から外されました。

ビーグルはどんな性格なの?

先ほども触れましたが、ビーグルは仲間と群れで狩りをする犬でした。

そのため、大変協調性のある性格をしています。

ペットとして飼育する場合、同居の動物や人間の子供とも上手くやっていけるでしょう。

群れを好むことから、一人で居ることに寂しさを感じるようです。

留守番をさせていると、遠吠えを始めたりもします。

とても好奇心が強く、やんちゃで活発に動き回る犬です。

体力があり、たくさんの運動を必要とします。

運動不足になるとエネルギーが余ってしまい、無駄吠えやいたずらにつながります。

また、興味を持つと飼い主を無視して行動してしまうこともあるので、注意が必要です。

筋力もあり、ジャンプ力に優れています。

嗅覚の鋭いビーグルですので、臭いに敏感に反応します。

気になる臭いがあると、それに夢中になってしまいます。

散歩中に動かなくなることも珍しくありません。

そういう時は、名前を呼ぶよりもおやつのニオイを嗅がせてみると良いでしょう。

無駄吠えが大変多いのは、ビーグルの習性なので仕方がないと言えるでしょう。

なるべく独りぼっちにさせないようにしたり、遊びで興奮してきたら別の遊びに切り替えるなどして、飼い主が上手くコントロールしてあげましょう。

ビーグルの身体的特徴は?

  • 体高33~38cm
  • 体重8~14kg
  • 寿命12~15歳

ハウンドの中では最も小型の犬です。

嗅覚に優れ、筋肉質でがっちりしています。

食いしん坊なところがあり、胃袋が大きいためたくさん食べるので肥満に注意が必要です。

耳が大きく垂れているのも、大変特長的です。

耳の中は籠りやすく、外耳炎のリスクが高い犬です。

耳掃除をしてあげるようにしましょう。

created by Rinker
ドギーマン
¥661 (2019/11/13 22:45:09時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

陽気で元気に走り回るビーグルは、元々猟犬だった事もあり体力もあります。

運動量を多く必要とするので、飼育するとしたらたっぷり散歩させられるかどうか考えましょう。

仲間との協調性があり、家族や他のペットとも仲良くしてくれます。

その反面、無駄吠えが多いのが気になるところ。

一番無駄吠えが多いとも言われています。根気強くしつけていくようにしましょう。