バタフライレインボーという熱帯魚をご存知でしょうか?

名前の通り、まるで蝶のような美しい外見が魅力の熱帯魚です。

2bf6e2169a4311e217e62f8dabaa32a6_s_071019_025705_PM

小型の魚なので小さめのケースでも飼育出来ますし、繁殖も狙えますよ。

ここでは、バタフライレインボーの特徴や飼育の注意点をご紹介します。

バタフライレインボーって、どんな熱帯魚なの?

シュードムギル属に分類されている熱帯魚で、オーストラリア北部やニューギニア南部に生息しています。

各ヒレが大きく発達しており、大変美しいシルエットが魅力です。

目が青いのも特徴です。

ちなみに、ヒレの大きさはメスよりオスの方が大きいです。

胸ビレが、まるで手をバタバタ動かしているようにも見えます。

体長は4cmくらいで、寿命は2~3年です。

値段は、1匹150円くらいです。

性格は温和で、混泳させるのに問題はありません。

ただし、気の荒い魚との混泳は避けた方が良いでしょう。

繁殖が簡単なので、挑戦してみるのも楽しいですよ。

スポンサーリンク

飼育の注意点

餌は人工飼料でOKですが、口が小さいので細かくしてあげると良いですね。

群れで泳ぐ性質があるので、複数で飼育してあげるのがおすすめです。

水質は、中性前後を維持していれば飼育可能です。

繁殖に挑戦してみよう

バタフライレインボーは、簡単に繁殖させられます。

繁殖の成功率を上げたい場合には、他の魚との混泳は避けた方が良いでしょう。

産みつけられた卵を食べてしまうかも知れないからです。

オスとメスの違いは、ヒレの大きさです。

成熟したオスのヒレは立派なものですので、すぐに見分けがつくでしょう。

オス1匹にメス3匹の割合がおすすめです。

産卵数がとても少なく、1匹で3個前後しか生みません。

そして、孵化までに20日もかかります。

ですから、メスは3匹くらいいた方が良さそうです。

孵化したばかりの稚魚の口は、とても小さいです。

最初はブラインシュリンプも食べられないかも知れません。

人工飼料を粉末にして与えましょう。

ブラインシュリンプは、ある程度大きくなってから与えると、栄養豊富なので良いですよ。

最後に

大きなヒレが美しく、まるで水槽内を飛ぶ蝶のような熱帯魚が、バタフライレインボーです。

バタフライレインボーは、性格が温和なだけでなく繁殖も用意なのが魅力。

小型の水槽でも飼育出来るので、人気の高い熱帯魚の一つなんですよ。

飼育している内に発色も美しくなりますし、魅力たっぷりの魚です。

ちょっと変わった魚を飼ってみたいという人にもおすすめですよ。