みなさんは、琉球犬ってご存知でしょうか?

沖縄県原産の日本犬で、天然記念物にも指定されているんです。

de9409bfb3e8d2a375efea10d4b85cd6_s_021020_102308_AM

イノシシや鳥の猟で活躍していましたが、今は絶滅寸前だそうです。

ここでは、そんな琉球犬について、歴史や特徴、性格を紹介いたします。

琉球犬の歴史について

琉球犬は、縄文時代に存在していた「縄文犬」の一種だそうです。

トゥラーと呼ばれる虎毛と、アカインと呼ばれる赤毛がいます。

猟犬として活躍していました。

弥生時代になり、渡来人と一緒に弥生犬が入って来ました。

この時、本州の犬は弥生犬の血が多く混ざりました。

しかし沖縄と北海道は影響を受けにくかったことから、縄文犬の血統が維持されているそうです。

研究でも琉球犬と北海道犬は、遺伝子的に近いということが分かっています。

第二次世界大戦の時に、絶滅の危機に陥りました。

その時に生き残った琉球犬を繁殖させ、なんとか絶滅しないで済んでいます。

とても古い時代の遺伝子形質を持っていることもあり、貴重な存在です。

1995年には、沖縄の天然記念物となりました。

琉球犬の身体的特徴は?

体長45~55cm、体重15~20kg

耳の間隔は広めで、立ち耳です。

目は茶色か青色で、尾は半円形の差し尾です。

被毛はダブルコートですが、短毛で密生していないので耐暑性があります。

赤、白、黒、虎などのカラーバリエーションがあります。

四肢の爪が6本あるのが、大きな特徴です。

これは狼や縄文犬に見られるもので、後ろの2本の爪を「狼爪(ろうそう)」といいます。

今では、狼爪がある個体は減少しているそうです。

琉球犬は、どんな性格なの?

古くから猟犬として人間と共に暮らしていた琉球犬は、とても人懐っこい性格をしています。

温和で飼い主に忠実です。

嗅覚に優れ、猟犬らしい勇猛果敢な面を持っています。

そのため、番犬に適した犬だと言えるでしょう。

ただ、現在は沖縄の天然記念物となっていますので、ペットにするのは困難です。

琉球犬保存会に問い合わせてみるしかないです。

もしかしたら、里親募集をしていることもあります。

飼育するための条件は厳しいかも知れませんが、不可能なことではありません。

最後に

沖縄の天然記念物となっている琉球犬について、歴史や特徴、性格を紹介いたしました。

縄文犬の血を引く「琉球犬」は、絶滅寸前の貴重な存在です。

人懐っこい性格をしていますが、天然記念物のためペットにするのは難しいでしょう。

ですが不可能ではありませんよ。

もし興味がありましたら、琉球犬保存会に問い合わせてみましょう。