アオジタトカゲは、日本では1970年代から飼育されているトカゲです。

まるでツチノコのような外見をしているので、アオジタトカゲがツチノコではないか?という話も出たりしました。

7011b1a4b5860a9a812db3a7f9ef0bef_s_062619_094415_AM

とても大きく成長しますが、性格は大人しく初心者にも飼育しやすい種類です。

それでは、アオジタトカゲの特徴や飼育方法をご紹介します。

アオジタトカゲって、どんなトカゲなの?

ペットとして人気の高いアオジタトカゲは、トカゲ科アオジタトカゲ属に分類されています。

インドネシアやパプアニューギニア、オーストラリアに生息しており、雑食性で昆虫や小さい動物、果物や花を食べて暮らしています。

大人になると、40~70cmにもなります。

寿命は約20年です。

スポンサーリンク

アオジタトカゲって、いくらくらいするの?

アオジタトカゲは、ノーマルタイプですと5000~30000円くらいです。

原産地や模様などによっては、10万円近くする個体もいます。

必要な飼育道具は?

ケージ

サイズは、横90cm以上で奥行45cm以上がおすすめです。

床材

細かいタイプがおすすめです。誤飲する可能性があるので、大きい物は避けましょう。

水入れ

アオジタトカゲは、脱皮する前に水に浸かります。

体が入るくらいの、大きな水入れを用意しましょう。

紫外線ライト、バスキングランプ

水槽内を照射してください。

ヒーター

寒さに弱いので、冷える時には使ってあげましょう。

24~27℃の場所と、35℃くらいの場所を用意してあげてください。

夏は暑すぎないように、冷房をつけてあげましょう。

野菜や果物を食べます。

昆虫も食べますが、オヤツ程度にしましょう。

カルシウム剤を添付した餌をあげます。

子供のうちは、毎日食べれるだけ食べさせてOKです。

亜成体になってからは、2~3日に1回、食べなくなるまで与えましょう。

就寝時間の3時間前までにあげましょう。

寝る前に与える戸、消化不良になります。

気を付けること

自分で温度調節が出来るように、ケージ内で温度差を作ってください。

湿度は、乾燥気味にしておくようにしましょう。

ハンドリングの際は、噛みつくことがあるので気を付けてください。

亜成体を過ぎてからは、肥満に注意しましょう。肥満で死ぬこともあります。

created by Rinker
スドー
¥477 (2019/07/23 18:09:28時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

基本的に大人しく、餌の好き嫌いも無く、湿度も必要ではないアオジタトカゲ。

特に人気のアンボンアオジタトカゲは、丈夫でとても飼い易いトカゲだと言えるでしょう。

ただ、体がとても大きくなりますので、飼育すペースが確保出来るか確認しましょう。

また、寿命も長いことを考えてから飼育を決めるようにしましょう。