ペットにするカエルの中で、特に人気の高いツノガエル。

アクアショップなどで、小さなケースに1匹ずつ入って売られたりしています。

作者 Andreas Schlüter [CC BY-SA 2.5], ウィキメディア経由

色彩豊かで美しく、何と言ってもそのずんぐりむっくりな体型が魅力的です。

とても可愛らしく、女性にも人気のツノガエルについて、特徴と種類をまとめてみました。

ツノガエルって、どんなカエルなの?

ツノガエル属ツノガエル科に分類されるカエルです。

森林や草原に生息しているカエルで、野生では土に潜って暮らしています。

その愛らしい見た目から、ペットとしての人気が高く、日本にも輸入されています。

目の前の物に向かって大きな口を開けて向かっていくことから、パックマンフロッグと呼ばれたりもしています。

飼育は容易で、両生類や爬虫類の入門種として親しまれています。

それでは、ツノガエルの代表的な種類をご紹介いたします。

スポンサーリンク

ベルツノガエル

メジャーなツノガエルで、ショップで見かける事が多い種類です。

緑や黄色に、赤や茶色の模様があるのが特徴です。

中には真っ赤な個体もいて、個体による違いを楽しむことも出来ます。

大きさは15cmくらいで、オスはメスより一回り小さいです。

値段は、ベビーサイズ(3~6cm)で3000~6000円です。

この種類は、人工飼料を食べてくれるので飼育難易度は低いです。

生餌を与えるのに抵抗がある人に、おすすめのカエルです。

クラウンツノガエル

こちらもメジャーなツノガエルです。

たくさんのカラーバリエーションがあり、コレクションの楽しみががあります。

緑、黄色、オレンジ、白、茶色など、様々なカラーがあります。

そして、ライムグリーンツノガエルやアプリコットツノガエル、ペパーミントツノガエルといった具合に、色に応じた名前が付けられています。

大きさは15cmです。ベルツノガエルよりも、しっかりしたツノがあります。

値段は、3~6cmサイズで3000~6000円です。

餌付けは簡単な方ですが、小さい個体で拒食が見られる場合があります。

4cm以上の個体を選ぶと安心です。

アマゾンツノガエル

平たい黒目と、目の上のツノが立派なのが特徴です。

顎の下は黒くなっているのも、特徴的です。

大きさは12~13cmです。

値段は5000~10000円くらいです。

餌付けがやや難しいため、飼育難易度も高めとなります。

ホオコケツノガエル

最近見られるようになった種類です。

目の上のツノが殆ど見えません。

他のツノガエルに比べ、頬がすっきりしています。

大きさは7~8cmです。

値段は6000~10000円くらいです。

アマゾンツノガエルより、もっと餌付けが難しいです。

飼育難易度は高めとなります。

成長するにつれ、人工飼料も食べるようになります。

最後に

人気の高いツノガエルについて、特徴と種類をご紹介いたしました。

初心者の人は、飼育が簡単なベルツノガエルやクラウンツノガエルがおすすめです。

カエル飼育の難易度は、人工飼料に慣れてくれるかどうかがポイントとなります。

そのため、アマゾンツノガエルやホオコケツノガエルは上級者向けとなります。

生餌を用意するのが可能であれば、どの種類でも飼育は簡単ですよ。