雪の下でも葉っぱをつけるほど、生命力に満ち溢れた強靭な植物。

それがユキノシタです。

昔から子供のひきつけや中耳炎の薬として利用されて来ました。

5f4f7be11c1ed72ff1ddc02461e518c1_s_061519_040652_PM

このことから、深い愛情という花言葉を持つユキノシタ。

今回は、そんなユキノシタについて特徴と栽培方法をご紹介いたします。

ユキノシタって、どんな植物なの?

ユキノシタは、ユキノシタ科ユキノシタ属に分類される植物です。

日本と中国原産で、5~7月に白い花を咲かせます。

花にはピンクや黄色のが入ります。

5枚の花弁を持ち、上の3枚が短く下の2枚が長めです。

まるでお人形さんのような可愛らしい花です。

草丈は20~60cmで、あまり大きくなりません。

湿った場所を好み、地面を這うように広がります。

ハート型で厚みのある葉っぱには、白い斑が入っています。

スポンサーリンク

ユキノシタには、色々な効果がある

古くからユキノシタは民間薬として活躍してきました。

先ほども触れましたが、しぼった汁は中耳炎や耳だれ、虫刺されに使われました。

乾燥させてお茶にして飲めば、子供のひきつけや、解熱、解毒効果が期待できます。

美容面でも注目されており、化粧水に配合されていることもあります。

ユキノシタの栽培ポイントは?

ユキノシタを育てる時のポイントをご紹介いたします。

まず、半日陰で湿った場所が好きなので、栽培環境を間違えないようにしましょう。

寒さには強いので冬の対策はしなくて大丈夫ですが、夏は直射日光が当たらないように気を付けましょう。

種まき

お店で売られていないので、自分で花から採取しましょう。

それを3~6月に、苗用の箱にまきます。

本葉が2~3枚になったら、鉢や地面に植えましょう。

苗を植える

苗から育てる場合は、真夏と真冬を避けて植えつけましょう。

3~6月がおすすめです。

鉢の場合は植え替えましょう

同じ鉢で育て続けると、中で根が詰まってしまいます。

そこで、2~3年に一度、大きな鉢に植え替えてあげましょう。

あまり土を選びません。

赤玉土、軽石、鹿沼土などを混ぜたもので良いでしょう。

水と肥料

鉢の土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりをしましょう。

肥料は与えなくても大丈夫です。

created by Rinker
お台場ガーデンクラブ
¥2,800 (2019/07/23 21:58:11時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

可愛らしい花を咲かせ、民間薬としても利用され来たユキノシタについて、その特徴と栽培方法をご紹介いたしました。

5月頃、可愛らしい花を一斉に咲かせます。とても小さな花で、控えめな印象のユキノシタ。

和の雰囲気を感じたい人にピッタリですよ。

ただ、我が家の庭にも植わっていますが、強靭でかなり増えます。

増え過ぎたら困る場合は、鉢植えにしておくのが無難でしょう。

夏の直射日光に気をつければ大丈夫ですので、是非栽培に挑戦してみてくださいね。