犬程ではないですが、猫にも猫種による体の大きさの違いはあります。

たくさんの猫種の中で、世界最小と言われているのがシンガプーラという猫です。

687e013f9afcb74c1dfb4b821322fa54_s_032919_064113_PM

発見されたのが比較的新しく、まだあまり歴史のない猫ですが、小さく可愛らしい姿が人気を集めています。

そこで今回は、小さな妖精とも言われるシンガプーラの、特徴や性格についてご紹介いたします。

シンガプーラの歴史について

発見されたのは、1970年代の初めです。元々シンガポールの猫でした。

それをアメリカ人夫妻が繁殖させ、6~7年の間に猫の血統登録機関であるTICAに登録されるようにまでなりました。

シンガプーラって、どんな猫?体の特徴は?

シンガプーラの最大の特徴は、世界一小さいと言われるその体の大きさです。

体重も軽く、2~3kgしかありません。このため、小さな妖精と呼ばれる事もあります。

見た目は小さなシンガプーラですが、意外としっかりと筋肉がついています。

優れた運動能力が自慢で、尻尾は長くスレンダーな体付きをしています。

もう一つの大きな特徴は、とても大きな目にあります。

アーモンド型をした目は、キトンブルーから様々な色に変化していきます。

毛並みが美しいのも、人気の秘密です。

滑らかな手触りで、まるで絹のように美しいです。

ティッキングの被毛は、とても魅力的な色合いを作り出しています。

どんな性格をしているの?

シンガプーラは、とても好奇心旺盛な猫です。

元々はネズミを捕る猫だったので、オモチャでよく遊びます。

そして、人間が大好きな甘えん坊です。飼い主の膝の上に乗ってくる事もよくあります。

ですが人見知りが強い傾向にあるので、来客など知らない人にはなかなか懐きません。

シンガプーラを飼育する時に、気をつけること

シンガプーラは甘えん坊ですので、飼い主と一緒に居たがります。

また、神経質な面もあるので、他の動物との同居には向いていません。

もし多頭飼育するとしたら、しっかりと相性を確認してからにしましょう。

そして、室温にも気を配ってください。

シンガポールの猫ですので、暑さに強く寒さに弱いです。

防寒対策をきちんとすることが、猫の健康を守ることにつながります。

最後に

世界最小の猫「シンガプーラ」について、特徴や性格をお話してきましたがいかがでしたか?

小さい体に大きな瞳、絹のようななめらかな被毛が魅力のシンガプーラは、飼い主によく懐きます。

ですが、神経質で人見知りが激しいので、よその人が苦手です。

動物病院に連れて行く時などは、一苦労するかも知れませんね。

多頭飼育には向いていないので、避けた方が良いでしょう。

甘えん坊な性格なので、時間のある時は思いっきり甘えさせてあげましょう。