神奈川県の三浦半島は美しい自然が残り、東京からの手軽な観光地として人気です。

三浦の魅力の一つは、やはり海でしょう。

もし時間があったら行ってみて欲しいのが、三浦半島の先端にある城ヶ島です。

s-0485_1_020620_110906_AM

絶景スポットも多く、海水の透明度も高いですよ。

波の浸食により岩に穴が開いた、馬の背洞門は人気の撮影スポットになっています。

ここでは、そんな城ヶ島の見どころを紹介していきます。

城ヶ島ってどんな島?

三浦半島の先端にある小さな島で、鎌倉時代には既に観光地として人気があったそうです。

美しい海や迫力ある絶壁、灯台や岩場まど、自然の力を感じることが出来るスポットがたくさん!

1周約4kmで、城ヶ島公園という大きな公園もあります。

s-0485_2_020620_110937_AM

ちなみにこの公園、猫がたくさんいることで有名なんですよ。

それでは、城ヶ島で是非立ち寄ってほしいスポットを挙げていきますね。

城ヶ島灯台

高さ12mの灯台で、下の方には海と富士山の風景が描かれています。

まるで灯台の向こう側を見ているような、リアルな絵が魅力的。

SNS映えスポットとしても人気ですよ。

ここからの眺めも素晴らしく、伊豆大島や富士山が見えます。

時期になると、ダイヤモンド富士を撮影する人で賑わいます。

なんとこの灯台、日本で5番目に古いという歴史ある灯台なのです。

馬の背洞門

岩に大きく開いた穴が印象的な、馬の背洞門。

自然の力を感じる、海蝕洞穴です。

穴の上には細い道がありますが、崩れる危険があるので立ち入り禁止になっています。

夜になると星が美しく見えるので、天の川を撮影する人にも人気です。

馬の背洞門と天の川の写真は、ネットにたくさん投稿されています。

夜の海はとにかく真っ暗なので、足元に十分気を付けてください。

城ヶ島公園

広大な敷地の公園で、絶景スポットだらけです!

展望台があり、富士山や房総半島、伊豆大島、伊豆半島を見渡せますよ。

公園の端っこには、海ギリギリの場所に安房崎灯台があります。

現在、移動のための工事が行われています。

移動後は丘の上になり、形も随分変わります。

ウミウ展望台

城ヶ島公園の近くにある、ウミウ展望台。

ウミウの生息地を見る事が出来ますよ。

すぐ近くには、三浦八景の一つ「城ヶ島の落雁」があり、こちらも絶景スポットです。

にじいろさかな号

城ヶ島観光で時間があったら、是非乗って欲しいのが水中観光船にじいろさかな号です。

城ヶ島の対岸にある、「産直センターうらり」から出ている船で、船内の窓から海中の様子が見えるんです。

日帰り露天風呂も楽しめる

城ヶ島京急ホテルでは、日帰り露天風呂が楽しめます。

海風の中で、ゆったり疲れを癒せますよ。

最後に

三浦半島の先端にある城ヶ島について、見どころを紹介しましたがいかがでしたか?

私もたまに行くのですが、昔から殆ど変わらない様子にホッとします。

海水の透明度がとても高く、晴れた日に海の写真を撮ると美しい色合いとなります。

春先には水仙の花が見事に咲き誇り、観光客で賑わいます。

都心からでも気軽にリゾート気分が楽しめて、おすすめです。