美肌になるためには、高い基礎化粧品を使ったり、エステを受けたりしなければならないと思っていませんか?

毛穴パックや、高い基礎化粧品に頼っていませんか?

fa7eb14de44cc2eab192ff28057cfda6_s_082619_111300_AM

実は、そのようなものに頼らずとも、日常生活においてちょっとした習慣を変えるだけで、美肌になることができます。

そこで、今回は、具体的にどのような習慣が美肌を作るのか、ご紹介いたします。

毛穴パックは使わない

多くの女性を悩ませるイチゴ鼻。

鼻パックで毛穴の詰まりを取り除くとスッキリしますが、それと同時に毛穴を広げることにもなってしまいます。大きく開いた毛穴には、汚れや雑菌が入りやすくなっているため、結果的には鼻パックを使用する前よりも、酷い状況になってしまいます。

ではどうしたらいいかと言うと、まずは肌に蒸気を当て、毛穴を開かせることが必要です。

具体的には、お風呂のお湯に長時間浸かったり、蒸しタオルを肌に当てたりするといいでしょう。

スチーマーを持っている人は、それを使用してもかまいません。毛穴を開かせてからマッサージや洗顔を行うことで、角栓や汚れが落ちやすくなります。

季節や天候に関係なく日焼け止めを塗る

美肌になりたいのなら、冬でも日焼け止めは欠かせません。

なぜなら、夏ほどではないにしても、紫外線は降り注いでいるからです。

くもりの日や、雨の日も同様です。太陽が見えるか否かに関わらず、紫外線は降り注ぎます。

これは稀ですが、晴れの日よりも、強い紫外線が降り注ぐ、くもりの日も存在します。日中は、必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

ただし、常に強力な日焼け止めを使い続けていると、肌に負担がかかってしまいます。そのため、季節や天候によって、使用する日焼け止めを変えるのがベストです。

よく寝る

22~2時は、お肌のゴールデンタイムであることは有名な話です。

しかし、わかってはいても、つい夜遅くまで起きている人が非常に多いです。

仕事で遅くなる場合は仕方がないとは思いますが、スマートフォンの普及に伴い、インターネットやスマホゲームをするために、夜更かしをしている人が非常に多くなっています。寝る前にスマートフォンをいじることは、睡眠の質を低下させることにもつながるので、できるだけ触らないようにしましょう。

どうしても、スマートフォンを触りたくなってしまうという場合は、ベッドや布団からは、絶対に手が届かない位置に置いておくと我慢しやすくなります。

最後に

ちょっとした習慣を変えるだけで、美肌になれるということが、おわかりいただけたと思います。

もともと、人間には自然再生力が備わっていますから、美肌のために高いお金を払う必要はないのです。

高い化粧水に頼っていると、自然再生力が衰えてしまうため、できるだけ使用を控え、日々の習慣を変えることで美肌を目指すようにしましょう。