小型犬を飼う人が増えてきたと同時に、室内犬も増加しました。

庭で飼っているなら犬小屋があると思いますが、室内犬にも自分だけの空間が必要です。

犬を家の中で飼う場合、ケージやサークルを使って、犬の空間を確保してあげましょう。

1192957_s_051520_024919_PM

閉じ込めるのは可哀想な気もしますが、ケージやサークルを使うことは犬のためにもなります。

それでは、ケージの必要性と選び方についてお話をしていきます。

ケージやサークルは、どうして必要なの?

室内で犬を飼うなら、ケージやサークルを使う事をおすすめします。

その理由は、次の3つです。

縄張りをハッキリさせる

犬を室内で飼育していると、全部を自分の縄張りだと思ってしまいます。

縄張り内に異変が無いか常に意識することになります。

そうすると、家の中がちょっと変化しただけでも気になりますし、来客に過敏に反応して吠え立てたりもします。

家全体が縄張りになることで、犬にストレスがかかってしまう可能性があるんです。

それを防ぐために、ケージやサークルで犬の縄張りを限定してあげるのです。

事故の防止

活発でいたずら盛りの子犬ですと、留守番中に色々な事をしちゃいますよね。

部屋の物が噛みちぎられたり、テーブル上の物を落とされたりもするでしょう。

そしてそれは、怪我や感電、誤飲など思わぬ事故に繋がります。

また、いたずらをするのが習慣になると、後でしつける事が困難になります。

そういったトラブルを防ぐためにも、ケージやサークルを使う事をおすすめします。

ペットホテルや動物病院の予行練習

動物と暮らしていると、ペットホテルや動物病院にお世話になる事もあるでしょう。

また、一緒に避難所へ行く事もあるかも知れません。

自分の家以外で過ごす時のために、ケージに慣れて貰うと良いですよ。

ケージとサークル、どう違うの?

どちらも犬の空間を作る道具ですが、使い道によってどちらを選ぶかが決まります。

どちらの場合も、犬が立って方向転換をしたり、余裕で伏せが出来たりするスペースが必要です。

ケージ

床と屋根がついており、中の犬が脱走しないように頑丈に作られています。

屋根のある状態に慣れさせる事が出来ます。

屋根があるため、食器の出し入れや掃除が大変です。

サークル

柵を連結させて、犬の空間を仕切るという使い方が一般的です。

パーツの連結をすることで、広くしたり狭くしたり出来ます。

ケージやサークルを設置する場所は?

犬は群れで過ごしたがるので、出来ればリビングに設置してあげましょう。

その際、人の通り道になる場所は避けるようにしましょう。

テレビの近くも避け、日光やエアコンが直接当たらない場所にしましょう。

最後に

室内飼育の犬に、ケージやサークルをおすすめする理由を書きましたが、いかがでしたでしょうか?

思わぬ事故を防いだり、日頃から囲われた空間で過ごす練習をしたりするという意味で、ケージやサークルを使う事をおすすめします。

ただ、必要以上にあまりにも長時間入れっぱなしは、さすがに可哀想です。

散歩や運動を十分にさせてあげましょう。

運動量の多い犬種は、特に気を付けてあげてください。