夏になると、よく見かける花の一つが、「クレマチス」です。

クレマチスは、つる性の植物で大きめの花を咲かせる、人気の植物。

ガーデニングを趣味にしている人なら、知らない人はいないくらい知名度が高いです。

39e791b6c74643302eeebde2c080f453_s_061619_013345_PM

クレマチスには2000~3000もの品種があり、日本でも実に様々な品種を目にします。

まだクレマチスを育てたことが無い人でも大丈夫。

栽培のポイントをご紹介しますので、是非挑戦してみてくださいね。

クレマチスって、どんな植物?

キンボウゲ科クレマチス属に分類される植物で、原産地は日本や中国、ヨーロッパ、北アメリカです。

和名は風車や鉄線です。

開花は5~10月で、夏の花として有名です。

イングリッシュガーデンに欠かせない花であり、庭づくりに人気の植物です。

そのため、クレマチスはヨーロッパが主な原産地というイメージを持っている人が多いようです。

でも実は、中国原産の花がとても多いんですよ。

そして、日本にもクレマチスの原種があります。

ボタンヅルや、ハンショウヅル、カザグルマなど、20種類ほどの原種があるようです。

カザグルマは、シーボルトによって持ち帰られたり、イギリス人が本国に持ち帰ったという話もあります。

日本のクレマチスは、海外で他の国の原種と交配されたのち、現在のような鮮やかな色彩の品種が生まれました。

クレマチスの栽培のポイントは?

環境

クレマチスは、日当たりの良い場所が好きです。

ただ、真夏の光が強すぎる場合は、遮光した方が良いです。

地面に植える場合は、最初にしっかりと場所を決めましょう。

クレマチスは、移植が苦手だからです。

植え方

土質を選びません。

園芸店で売られている培養土を使うと良いでしょう。

買って来た時の鉢より、2まわり大きい鉢に植えましょう。

根が下の方に伸びて行くので、縦長の鉢が良いでしょう。

水やり

土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりあげましょう。

水切れに弱い植物なので、開花前に水が足りないと、花が咲かないこともあります。

冬の休眠期にも、水やりをしましょう。

肥料

肥料を欲しがる植物です。

切って咲かせたいなら、12~1月に与えた後、2カ月に一回固形肥料を置きます。

伸ばして咲かせたいなら、12~1月と花の後に与えましょう。

つるの誘引をしましょう

クレマチスを綺麗に楽しむためには、ツルを上手く誘導してあげる必要があります。

放っておくと枝が絡みあってごちゃごちゃになるので、柄だと枝が重ならないように、常にチェックしていましょう。

S字でもらせん状でもいいので、スッキリした状態にしておくと良いです。

created by Rinker
¥1,320 (2019/11/14 23:50:59時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

夏に大きな花を咲かせ、とても華やかな印象のあるクレマチス。

その特徴と育て方のポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ネット通販でも手に入りますが、実際に自分の目で見て探すと、お店の人の話も聞けて良いですよ。

初心者さんにも楽しめる花なので、是非挑戦してみてくださいね。