物って、どうしても増えてしまいますよね。

片付けても片付けても、消耗品やどうしても必要な物は保管スペースを確保しておかないといけません。

だからといって床に積み上げたり、転がしておいたりすると、非常時に危ないです。

ちょっと頭の上を見上げれば…そこには空間が!

突っ張り棒で収納を増やしてみませんか?

お得だけど置いておくとかさばるボックスティッシュ

なくなると困ってしまう、かといって床にボンと置いておくと邪魔になってしまうボックスティッシュ。

だいたい5箱で買うことが多いことでしょう。

一気に増えると存在感が気になりますよね。

そんな時は突っ張り棒2本で支えましょう。

支える幅にもよりますが、我が家は200枚入りのボックスティッシュ9箱なら余裕で支えています。

s-001_050820_112630_AM

階段を降りてきたときに誰の目にもつくように、階段1段目の頭上を保管場所にしています。

あそこにある!と気になることなく、誰でもヒョイと取れるので、とてもいい保管場所ができました。

トイレットペーパーをまとめて保管

トイレに収納があるおうちは、トイレットペーパー12ロールや18ロールすべて収納できるといいのですが、壁に補充用の少量しか保管できないということもあるのではないでしょうか?

なくなったらどこかほかのとこに取りに行かないといけないというのは面倒ですよね。

それなら突っ張り棒で収納を作ってしまいましょう。

突っ張り棒1本でもトイレットペーパーを置いておけますが、壁と突っ張り棒の間に斜めに置くことになるので、たくさんの量は置けません。

2本使うとトイレットペーパーを積み重ねて置けるので収納力がアップしますよ。

ホコリよけのために、さらに突っ張り棒を1本プラスしてカフェカーテンをつけると衛生的です。

s-002_050820_112704_AM

風水の面でも、トイレットペーパーが悪い気を吸ってしまうので隠したほうがいいと言われています。

カフェカーテンは100円ショップでも売っているので、突っ張り棒を購入するついでに気に入った模様のものを購入しておくといいです。


ボールを転がさずに保管する

おしゃれな雑貨を販売している通販カタログなどで、ボールを置いておくスタンドが少々お高い値段で販売していました。

転がっていかないように、うまく輪にはめて保管するものなのですが、転がらないようにするのなら上記のトイレットペーパーだって同じだ!と思い、玄関にも突っ張り棒を2本用意してみました。

s-003_050820_112728_AM

バレーボール、サッカーボールが転がっていくことなく、気を使うことなくポンと置いておける空間ができました。

見た目をすっきりさせるために、トイレットペーパー同様もう1本突っ張り棒を追加してカーテンをかけ、ごちゃごちゃした雰囲気を隠してしまいました。

おかげで玄関がスッキリです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

たった数100円で収納が増えるなら、いろいろなところに増やしてみたくなりますね。

もし、落下しないか心配なようでしたら、壁と突っ張り棒の間に耐震用のジェルや滑り止めシートを挟むと、より強くなります。

皆さんも是非、いろいろな隙間を利用して、収納を増やしてみてください。