冬になると足元が寒くなりパンプスからブーツに変わりますが、あなたは持っていますか?

お気に入りのブーツを何年も履いている人や、毎年購入する人など様々です。

s-4334019_s_040421_024826_PM

同じブーツの色違いなど、女性は色々なブーツを持っている人が多そうです。

2021年の冬に流行っているブーツは、どのようなものなのかまとめてみました。

ショートブーツ

ショートブーツは、足首までの短い丈のブーツで一般的にくるぶしや足首が隠れるデザインです。

ブーツの中でもショートブーツは定番ということもあり、持っている人も多数います。

ヒール付きならオフィススタイルやフェミニンなコーディネートにも使えて、様々なシーンに履けるので持っていると良さそうです。

サイドゴアブーツ

伸縮性のあるゴア素材が、履き口の両サイドに施されたものをサイドゴアと言います。

ストレートチップやブローグなどもありますが、基本は何も飾りがないのが殆どなのでシンプルな良さを楽しめます。

ブーツというと玄関やお座敷のお店で脱ぐときファスナーを下ろしたり、いったん座ったりなど時間が掛かります。しかしサイドゴアブーツならゴムを使用した生地に伸縮性がある為、立ったままでも片手で脱げるのでオススメです。

暖かさやオシャレさに加えて、着脱さまで兼ねているので一足持っていると良さそうです。

ムートンブーツ

ムートンブーツは汚れやすく、一度染みがついてしまうと落ちづらいので防水機能が付いていると喜ばれます。また滑りにくい構造の靴底であれば、雪の日にも使える優れものです。

購入時には好みや用途に合った物を選び、着脱のしやすさを重視するならショート丈がオススメです。

ふわふわで気持ちよい履き心地が長続きする優秀な素材で、静電気が起こりにくく汚れにくいという特徴があり保温性や耐久性にも優れています。

ブーティー

ブーティーとはくるぶしほどの丈のブーツで、足首が見えることで足元がスッキリした印象になります。

ブーティーは「ブーツとパンプスの間」という説もありショートブーツより短く・くるぶしが出る為、華奢で女性らしさを引き立たせてくれそうです。

安定した歩行をキープしてくれる高いヒールとロープライスは大きな魅力なので、シンプルなデザインがどんなコーディネートにも合います。

パンプスのようなシルエットで甲が隠れるデザインが多い為、スーツスタイルやパンツ・タイトスカートやフレアスカートなど合わせやすいのが特徴です。

パンプスだと決め過ぎだし、スニーカーだとラフ過ぎるときにブーティーはぴったりです。

柄のパンツとも馴染むので、足を長く見せてくれる効果もあります。足元の抜け感を生かしてブーティーを合わせると、オシャレになるのでオススメです。

厚底ブーツ

足長・美脚効果があるので、スリムに見せたいコーディネートのときにぴったりです。デザイン自体はシンプルなので、落ち着いたトーンのファッションともマッチします。

履きやすさもバッチリなので、さりげないスタイルアップしたい人は持っていると良さそうです。

ベルト付きブーツ

様々なコーディネートに合わせやすく、オフィスやデートにも履いていけます。

また普段の買い物やパーティーなど、履き回しがきくので女性には嬉しいブーツです。

ロングブーツ

ロングブーツはひざ下丈やひざ上まであるブーツで、寒さが厳しい冬に足がレザーで覆われるので防寒対策にも大活躍のアイテムです。

ふくらはぎや足首といった気になるパーツを隠してくれる為美脚効果も望めて、どのアイテムでも相性抜群のロングブーツをすっきりとシャープに見せます。

足のラインにぴったり沿ったスリムなシルエットで、大人っぽく・上品やカジュアルなどにコーディネートすると良さそうです。

細めでヒールがあるタイプならスカートスタイルに、ややゆとりがあるタイプならスキニーデニムをインして履くのもオススメです。

本革

本革の特徴は、独特の光沢感としなやかで高い耐久性と共に味が出てくるという経年変化が挙げられます。高級なロングブーツの多くが、本革を使用しています。

一方本革の欠点は雨などの水に弱い為、天候しだいでは履けない場合もあります。

値段が高い物もありますが、きちんと手入れをして・しっかりケアすれば数年から十数年間履き続けると良さそうです。

スエード

スエードは革の裏側を起毛させて作った素材で、表側のような光沢がない代わりに滑らかな手触りが特徴です。冬場に相性が良い素材なので、ロングブーツとの相性も抜群です。

スエードは水濡れなどに弱い為、雨天時に履きたい場合は防水スプレーなど予め振ることが必要です。スエードは、ブラッシングするとキレイな状態を保つことができます。

メンテナンスが楽なので、掃除などが苦手な人は持っていると良さそうです。

最後に

2020年・2021年の冬に流行っているブーツは、どのようなものがあるか分かりました。

ブーツは色々な種類があり、洋服などのコーディネートでブーツを履きこなすと良さそうです。

また普段の買い物や結婚式の二次会・パーティーなど、行く場所によりブーツを変えてみるのもオススメです。

普段ブーツをあまり購入しない人も「買ってみようかな」と考えている人は、友達に相談してお互いにどんなブーツがあるのか知るのも一つのアイデアです。

ブーツはお手入れが大変ですが、沢山持っていても色々な場面で活用できます。

これから購入しようと考えている人は、自分なりのコーディネートを考えて友達に差を付ける為にも女性にとってオシャレの見せ所になりそうです。