最近、猫を飼う人が犬を飼う人を上回っているという話を聞きます。

大人気の猫は、犬と同じく種類がとても豊富!毛の色や質、体つき、目の色など、様々な種類があります。

そんな猫の種類の中に、アビシニアンというものがあります。

cd0026b7946ed5439a0fce3aed99e2c1_s_031818_042038_PM

しなやかな体つきが特徴で、美しいシルエットが魅力の猫なんです。

今回はそのアビシニアンについて、詳しくご紹介します。

アビシニアンのルーツは?

アビシニアンが、元々はどこにいた猫なのかは不明なんです。いくつもの説があり、その中で特に有力とされているのが、エジプトです。古代エジプトの壁画に、アビシニアンそっくりの猫の絵が描かれていることから、そう言われています。なんと、あのクレオパトラも可愛がっていたと言われているんです。

また、アビシニアンという名前から、アビシニア=エチオピア付近が起源だとする説もありますし、インドや東南アジアを起源とする説があります。

イギリスに入ったアビシニアンは、改良されて今の血統となりました。キャットショーに出るようになったのは、1870年頃だそうですから、とても歴史のある猫ですね。

そして、1927年くらいからフランスでも繁殖に力を入れるようになりました。その後、アメリカでも繁殖が始まり、世界各地に広がっていきました。

スポンサーリンク

アビシニアンの特徴は?

外見的特徴

筋肉質でしなやかな体をしています。足が長いフォーリンタイプ。

体の大きさは中型で3~5kg。全体的にシャープな印象です。

体にはティックド・タビーと呼ばれる縞模様が見られます。

顔は小さめで耳が大きく、目はアーモンド形をしています。活発で元気な印象を与える顔つきです。

瞳の色はゴールドや琥珀色、またはグリーンです。

性格的特徴

好奇心旺盛で、とても運動神経が良く活動的です。

また、人懐っこくておおらかな性格なので、初心者におすすめの猫です。遊ぶことや、飼い主とのスキンシップが大好き。非常に甘えん坊の猫なんです。

賢い子が多いというのも特徴です。自分の名前を理解して、呼ばれると返事をしたりすることも!

その鳴き声はとても可愛らしく、おしゃべりをよくしてくれることでしょう。

毛色の種類

アビシニアンと言えば、茶色っぽい色の「レッド」がよく見かける色ですが、違うカラーもあるんですよ。

ブルー、ルディ、フォーンと呼ばれるカラーです。

1本の毛が何色にも分かれているので、とても深みのある色です。アビシニアンタビーとも呼ばれる、特別な色合いなんです。

寿命について

アビシニアンは、10~13年が平均寿命だそうです。飼い猫としても平均的でしょう。

長生きさせるコツは、肥満やストレスに気を付けることです。食事の管理をしっかりとして、猫と一緒に遊んであげるとお良いでしょう。

とても運動量を必要とする猫ですので、キャットタワーを設置してあげることをおすすめします。

最後に

活発で人懐っこいアビシニアンについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

賢くおしゃべり好きな猫で、犬のような猫とも呼ばれています。

人間との接触を好みますので、猫とのスキンシップを楽しみながらじっくり付き合いたいという人におすすめですよ。