背中にできるニキビは、顔にできるニキビと違い、あまり痛みがないので気づかないことが多いのではないでしょうか?

そのために、気づかないで進行してしまうこともあるかと思います。

885990ec79a9118cbd6adb28bc461d23_s_081616_070934_PM

特に夏場は、肌を露出する機会も多いのでニキビ跡は気になりますよね。

今回は、背中ニキビの原因を探り、その治し方を紹介したいと思います。

背中ニキビの原因

背中ニキビは、原因が一つでなく複合して発生します。

肌の乾燥や睡眠不足、疲労などに精神的ストレスが加わると、自律神経のうち交換神経が優位な状態が続きます。

そうなると男性ホルモンが過剰分泌されて、ホルモンバランスの崩れにつながります。

男性ホルモンは、皮脂分泌の促進、角栓の発生、毛穴の縮小をさせる性質があります。

こうして、毛穴が小さくなり内部に皮脂が閉じ込められ、ニキビができてしまいます。

このニキビだけではそう悪化はしないのですが、背中は顔よりも皮脂の分泌腺が大きく、うぶ毛が太いので皮脂が皮膚表面に出にくく、皮脂が詰まりやすくなります。

顔のニキビはアクネ菌という常在菌(健康でも身体に存在する細菌)ですが、背中ニキビの原因は、マラセチア真菌というカビの一種です。

アクネ菌と同様常在菌ですが、皮脂が多く毛穴の詰まっているところを好んで増殖します。

背中ニキビは痛みを伴わないので、気づいたら大きくなっていたということもあるので要注意です。

スポンサーリンク

背中ニキビの治し方

規則正しい生活する

顔のニキビと同じでストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどは、交換神経が優位になり男性ホルモンを活発化するので、皮脂の過剰分泌につながります。

清潔な衣類やパジャマ、寝具を心がける

汗をかいた時に接触する部分は、清潔を心がけたいものです。刺激の少ない、木綿の下着やパジャマなどで肌にやさしいものを使用するようにしましょう。

寝ている時は、寝汗をかくので、寝起きにシャワーを浴びて、汗を落とすのもよいです。

シャワーの時は、ボディーシャンプーをしっかりすすぎ、背中に残らないように気をつけましょう。

ニキビ専用化粧品を使う

ニキビ専用の化粧品も今は出回っています。

背中に使用するのでスプレータイプで背中ニキビ改善に有効な成分のものもあるので、試してみてください。

ただし、皮膚の状態が悪化したり、化膿したりしてくるようなら、まずは皮膚科で相談するようにしましょう。

最後に

背中ニキビの予防には日常生活を改善し、清潔を心がけることが第一です。

そして、もしできてしまったら、ニキビ専用化粧品で背中のケアをすることも大切です。