アーモンドに対して、美容や健康に悪そうだというイメージを持っている人が多いと思います。

しかし、実は「天然のサプリメント」という異名を持つほど栄養素が豊富であり、美容に気を遣っている人にはぜひ取り入れていただきたい食べ物なのです。

fb029a1abc154da3fffd7f0f86aba38f_s_032319_114237_AM

具体的にどのような効果があるのか見ていきましょう。

美肌・アンチエイジング効果

アーモンドには、ビタミンEが含まれています。

ビタミンEには抗酸化作用があるため、シミやそばかすを防いだり、タンパク質の糖化で生成される、肌を老化させる物質を減少させたりします。

また、アーモンドに含まれるレスベラトロールという成分はポリフェノールの一種であり、アンチエイジングに有効です。

これはアーモンドのほかにぶどうの皮やピーナッツにも含まれており、アンチエイジング効果のほか、美肌効果ももたらします。

さらに、アーモンドに含まれるオレイン酸は酸化を防ぐ効果があるので、これもアンチエイジングに効きます。

ダイエット効果

アーモンドを食べると太ってしまうイメージがあるかもしれません。

しかし、実はダイエットにとても有効な食べ物なのです。

たしかにアーモンドの脂質は高いです。しかし、その脂質はオレイン酸というもので、血糖値の上昇を抑えたり、腸の動きを促し便秘を改善したりする働きがあります。

また、アーモンドに含まれる不溶性食物繊維はごぼうの2倍で、これも便秘解消効果が期待できます。

さらに、ビタミンB2には新陳代謝を上げる効果があります。

スポンサーリンク

アーモンドはどのタイミングで食べるのがいいの?

ダイエット目的でアーモンドを食べるなら、食事の前に食べるか間食で食べるのが良いでしょう。

そうすることで満腹感を得ることができるので、食事量を減らすことができます。

しかも血糖値が急上昇するのも抑えてくれるので、健康にも良い影響を及ぼします。

そして美肌目的で食べる場合は、食後のタイミングで食べるのが有効です。これにより、しわやたるみなどを引き起こす糖化という現象を抑えることができます。

ちなみに、これは5ヶ月続けなければならないと言われています。

毎食後に食べなければならないので大変かもしれませんが、根気強く続けましょう。

最後に

アーモンドが美容に良い食べ物だということが、おわかりいただけたでしょうか?

しかし、美容に良いからと言って食べ過ぎは禁物です。

食べ過ぎると太りますし、肌も荒れやすくなります。

アーモンドを食べる量は、一日あたり20~25粒程度がちょうど良いでしょう。