2017年7月13日に放送された、「アメトーーク!」を見ました。

今回のテーマは、「トリオ芸人」です。

f6c57d79488f72f7fa94bfc74208d690_s_071917_044431_PM

出演メンバー、オープニング

出演者は、MCに雨上がり決死隊の宮迫さん、蛍原さん。ロバートの山本さん、秋山さん、馬場さん。森三中の黒沢さん、村上さん、大島さん。東京03の豊本さん、飯塚さん、角田さん。パンサーの菅さん、向井さん、尾形さん。ジャングルポケットのおたけさん、太田さん、斉藤さんです。

コンビではありえない苦労や、知られざるパワーバランスが明らかに!ピンやコンビとは違い、3人ならではの人間模様が、それぞれのトリオにはありました。

ロバートは最近、秋山さんの“クリエイターズ・ファイル”という、いろんな職業の、架空に人物になりきるという、企画での活動が多く、なかなかトリオが集まることは、少なくなっているそうです。デザイナーや、子役まで幅広く、そのクオリティも高いですよね。

森三中は、2人がママということで、ただ一人独身の、黒沢さんに話が振られると、万年床になっている敷布団で寝ているので、腰が痛くて、最近病院に通い始め、あったかいの当ててます!!と、近況を報告してくれました。

東京03は、御一方、最近話題を集めた方の話に…既婚者である、豊本さんのLINEが流失し、女性問題を起こしてしまったそうです。なので、誠意を見せるために?白い衣装で登場していました。主婦である、森三中の村上さんと、大島さんからは、大ヒンシュクをかっていました。

上段に座った、パンサーとジャングルポケットは、トリオの新世代として、台頭しています。若手!若手!と張り切る、パンサーの尾形さんですが、今年40歳を迎え、ロバートや森三中よりも、年上なのだそうです。ビックリ!見えないです!!

スポンサーリンク

トリオ芸人の最新事情!!

トリオ内での、パワーバランスを、自己分析して、近況を発表しました。

まず、ロバートは、山本さん5・秋山さん80・馬場さん15という、かなり偏ったパワーバランスであると、発表しました。

ネタを作ったり、スケジュールを管理したり、会議室を予約するのも、秋山さんと言い、もはや秋山さん一人で、ロバートと名乗っても良いくらいだと話しました。

次に多い馬場さんは、お料理関係の仕事が、増えていることからだそうです。先日も、小麦のイベントに出演し、そこから営業を取ってくることもあり、1番お金のいい仕事をもらってくる、大切な役割もあると話しました。

山本さんの、残り5の仕事は、打ち合わせなどで、スタッフさんに、いじられたりすることだそうです。秋山さんにとっては、トリオを組んでいるというより、コラボしているような感覚のようです。

森三中は、15年前は、黒沢さん5・村上さん10・大島さん85と、こちらもかなり差があったようです。以前は、体を張る仕事を、ほとんど大島さんがやってきたからだそうです。ヌルヌルや、バンジー、爆破など、聞いているだけで、ハードなお仕事です。

しかし、現在は、黒沢さん15・村上さん70・大島さん15と、かなり変わっていました。情報番組への、出演が増えて、料理の上手な村上さんの出番が、多くなっているようです。

黒沢さんの役割は、ネタを考えること、番組での立ち位置や、ここでこうした方が良いんじゃない?と耳打ちして、教えてあげるコントロール係だそうです。

大島さんは、耳が良いので、盗み聞きして、情報を仕入れてくるという、特殊な役割でした。

パンサーは、芸歴がバラバラのトリオなので、結成当初は、芸歴順のパワーバランスがあったそうですが…。7年たった今は、菅さん48・向井さん48・尾形さん4に変化していました。

菅さんは、ネタを作り、向井さんは、テレビなどに出演した際、パンサーで話を振られた時に対応し、他の2人にパスを出す役割で、それぞれ48ずつを分け合っています。残りの4である尾形さんは、ネタが覚えられず、“クレープ!”と言わなければならないところを、何度やっても“ピザ!”と言ってしまうそうです。カタチで覚えている、という、斬新な理由で、みんなからツッコまれていました。

しかし、パンサー唯一の、ドラマ出演者という尾形さん。実際に、ドラマで演技を見た、ジャングルポケット斉藤さんは、“下手でしたけど”と話し、撃沈した、尾形さんでした。

俳優業を押してくる、尾形さんですが、肝心の芸人の方でも、アドリブトークで失敗しまくっているそうです。そのせいで、オファーが来ても、“パンサー、尾形抜き”という、特殊な注文が入ると言い、他のトリオも驚いていました。早く、俳優モードから、芸人モードに切り替わることを祈ります。

続いて、ジャングルポケットのパワーバランスは、おたけさん10・太田さん40・斉藤さん50だそうです。これには、客席も、「あ~。」と納得。斉藤さんが、よく前に出ているので、50。太田さんは、ジャングルポケットのネタを書いているので、貢献度で40、と話すと、宮迫さんは、そこは斉藤さんと太田さんで、50:50でいいと思う、と言います。これには、おたけさんの不満が、爆発します。しかし、なかなか皆さんの納得のいく理由が出ず、即却下となりました。

最後は、東京03。豊本さん10・飯塚さん60・角田さん30という、パワーバランスです。元々は、豊本さんと、飯塚さん二人で、コンビを組んでいました。その当時から、パワーバランスが上だったのは、年齢や芸歴が上で、ネタも書いている、飯塚さんだったそうです。

その後、角田さんが加入しますが、角田さんと飯塚さんは、同い年で、ネタも一緒に書いていたことから、3人になった当時は、角田さんの方が上にたっていたと言います。しかし、ネタを作る上で、角田さんがゴリ押ししたボケが、ことごとくスベり、だんだんと意見を言わなくなっていたのだそう。そこで、パワーバランスが逆転していったようです。

豊本さんは、残りの10ですが、宮迫さんから言わせると、マイナス70だそうです。最近、営業で披露するネタに、豊本さんが、“なんで僕が謝らなきゃいけないんですか!!”と言う場面があり、「お前謝れよ!」という空気に、どうしてもなってしまうと話しました。

個人の知名度チェック!!

トリオの写真パネルを、一般の方100人に見せて、個人名を言えるか?を、調査しました。

ロバートは、3人とも答えられた方が、7割越えと、さすがの知名度でした。一番低かったのは、やっぱり山本さんでした。

森三中も、村上さんが79名、黒沢さんと大島さんが93名と、かなり知名度は高かったです。

パンサーは、菅さんが、“スガさん”と読み間違えられたり、笑い飯の西田さんとゴッチャになっていたりして、一番知名度が低い結果に。

ジャングルポケットは、やはり斉藤さんの知名度が一番高く、モデルとの結婚効果で、太田さんが2位。おたけさんは、30人と、なかなか結果がふるいませんでした。仕舞いには、めっちゃアホの人と言われる始末。

最後は、東京03です。一般の方、皆さん口を揃えて、大好きなのだけど、名前が出てこない!と言われてしまい、3人とも、個人名は3割ほどの知名度でした。全員の知名度を足しても、秋山さんには、届かないと言う結果に、複雑と話しますが、みんな大好きと言ってくれるなんて、凄いですよね!

トリオあるある!!

コンビにはわからない、トリオならではの、あるあるを語りました。

黒沢さんは、3人なので、写真に収まるコンパクトなポーズを、それぞれが持っていると話します。森三中の場合は、顔をぐっと近づけて、コンパクトに収まっていました。今はなきBコースが、懐かしい。

菅さんは、ファンの方に写真をお願いされ、コンビなら、真ん中に入ってもらって撮りますが、トリオだと、どこに入れたらいいか迷い、自分と逆側に入られると、笑えないと話しました。ジャングルポケットの場合だと、一番右の斉藤さんの右隣に立つ、ファンの方もいるようで、他の2人が苦笑いしてしまうことがあると言います。

東京03がそういう場合に遭遇したら、最近はもっぱら、飯塚さんと角田さんの間に、入られるそうですが、ファンが2人以上の場合に、皆で横並びになると、幅が広くなって、撮る人がどんどん後ろに下がっていく現象が、よくあるそうです。そういう場合の為に、森三中は、最初から自分たちが前に座っちゃう、と話すと、勉強になります!と、今後の参考にしていました。

向井さんは、ボケが2人なので、大ボケ・小ボケとサイズが決められてしまうことや、5秒PRなど、短い時間しか与えられなかった時は、3人分の時間がないと話しました。

また、尾形さんの、営業先で、マイクが2人分しかなく、自分は声が大きいので、いつももらえないと言うと、おたけさんだけ共感。隣同士に、まぜるな危険コンビが揃ってしまいました。

飯塚さんが、3人いると、ネタ合わせなどで、なかなか揃わない、と話すと、他のトリオも共感し、頷いていました。逆に、思わぬところで3人揃うと、テンションが上がったり、3人だけでも、ご飯に行けたりするところが、コンビとは違うところだと話しました。パンサーに至っては、例外のようでしたが。

大島さんは、トリオには必ず一人、変人がいると言い、森三中の場合は、やっぱり黒沢さんでした。東京03は、豊本さん。ジャングルポケットは、おたけさん、そして、意外にも、物忘れがとにかくヒドいと言う、太田さん。

ロバートは、何にも考えていないという、山本さん。そして、パンサーは、尾形さんだそうです。ある日楽屋に置いてあった、尾形さんのカバンに、ドッキリで、2リットルのペットボトルを、3本入れたそうです。楽屋に戻ってきた、尾形さんは、それに気付かずに、カバンを肩に下げて、帰っていったと言うから、驚きです。家についてから気付いたという、かなりの鈍感さです。

タクシーの座り位置や、運転手さんの対応係も、トリオで決まっているそうですが、中でも、斉藤さんは、タクシー運転手さんへの、サービスがスゴイそうです。ネタ中に歌う、歌を披露するなど、神対応をしていると言います。

東京03の場合は、タクシーでよく、ネタ合わせをするそうです。降りた後に、助手席に座っている豊本さんが、運転手さんがあの場面で笑っていたよ、と教えてくれるんだとか。先日行った、沖縄での単独ライブでも、前日に乗ったバナナボートの上で、ネタ合わせをしたそうです。それにしても、3人でバナナボートに乗るって、とても仲良しですね。

トリオ芸人の不満!!

この機会に、トリオ内での不満を、ぶちまけようと言う企画です。

秋山さんは、体ものまねを始めてから、梅宮さんのお面の量がかなり増えたそうです。営業などで、重い荷物を持っているのに、他の二人は、優しい素材のトートバッグを持っていると、気を使えよ!と思うと言います。

山本さんは、秋山さんがふと思いついたという曲を、山本さんの携帯のボイスレコーダーに録音されるので、データの中に“ヒロシの曲”が、たくさん入っているのが、不満だと話します。歌詞の内容も、ほとんどないような、意味がわからないものばかり。思いもよらず、番組で流れたことに、秋山さんは恥ずかしそうでした。

村上さんの不満は、黒沢さんの、子供を子供として扱わないことに、不満を感じていると言います。村上さんや、大島さんが、仕事現場に自分の子供を連れていくことが、度々あるそうですが、話しかける時は、「おい、これ食うか?」と聞くなど、接し方が怖いようです。また、“千の風になって”の、Aメロだけを、延々と本気で歌うなど、ちょっと変わっていますね。

向井さんは、菅さんと向井さんが病欠で、尾形さん一人で沖縄の劇場の出番に、出演するとなった時、一人で出るのが怖いので、沖縄の後輩芸人を呼んで、即席パンサーを作ったことが、不満だったようです。その時の様子の、写真がありましたが、菅さんとも向井さんとも、全く雰囲気の違う、かなり大きめの後輩芸人で、それはそれで、面白そうでした。

斉藤さんは、自分が一生懸命仕事している時に、おたけさんの、充実したプライベートのツイートをすることが、不満だと言います。また、おたけさんには、セリフ覚えが悪いにもかかわらず、セリフが少ないと怒るという、太田さんからの不満も飛び出しました。

それに反撃した、おたけさん。なかなか、喋る機会が少ないので、2人には自分にも話を振ってほしいそうです。楽屋では、2人がいじりまくって、仲良くしていたのに、いざ本番になると、アメリカンショートヘアーのように?プイッとされるのだとか。ここでもまた、おたけワールド全開でした。

東京03は、やはり豊本さんに、プライベートは気を付けて欲しいこと、セリフを忘れた時に、ただ微笑むだけなのを、やめて欲しいそうです。どうなのかと聞くと、また微笑んでいるだけの豊本さんに、「今もだよ!」と、飯塚さんの鋭いツッコミが入ります。すると、3人は、一触即発の空気に。言い合う3人でしたが、黒沢さんがケンカを止めようと、豊本さんに攻撃します。助けようとした太田さんもやられ、秋山さんもやられてしまいます。それを見ていた大島さんが、「みっともないだろー!」と黒沢さんに怒り、相撲の展開へ。大島さんが投げられ、終了でした。

最後に

トリオならではの雰囲気が、面白かったです。

パワーバランスは、ネタを見ていれば、なんとなくセリフの量などで、わかりますよね。

最後に体を張っていたのが、森三中で、女芸人は強いな~と、感心しちゃいました。

次回は、一週空いて、「ギター芸人2017」です。

フットボールアワーの後藤さんと、みやぞんさんが、ギターを持って街ブラロケ!どんな展開になっているのでしょうか?楽しみです!