2017年8月13日に放送された「日曜もアメトーーク!」を見ました。

今回のテーマは、「珍プレー好プレーGP」です。

896e474fd9c4bfd828bfdcd13b160313_s_081917_080545_PM

メンバー登場、オープニング

出演者は、MCに雨上がり決死隊の宮迫さん、蛍原さん。

千原ジュニアさん、FUJIWARAフジモンさん。千鳥の大悟さんと、ノブさん。バイきんぐの小峠さん、麒麟の川島さん。そして、フルーツポンチの村上さんと、三四郎の小宮さんです。

ゲストに、モデルの泉里香さん、アナウンサーの川田裕美さん。元新体操日本代表フェアリージャパン、畠山愛理さんを迎えました。

何度見ても大爆笑の、珍プレー56連発!!そして、2度と起きない奇跡の好プレー。さらに、ジュニアさんの運動神経検証に、千鳥の足つぼ漫才など、クセがすごいぞ!

ゲストの畠山さんは、アメトーークの中でも特に、「運動神経悪い芸人」が好きだそうで、ロシアでの合宿中などに、他のメンバーと一緒に、楽しんでいたそうです。

スポンサーリンク

珍プレー集その1

まずは、「踊りたくない芸人」より、超基本の、ボックスステップに挑戦。

小宮さんは、不安そうな顔で、手と足が一緒に出たり、リズムが全く合っていませんでした。

上半身も付けた、ボックスステップで、ジュニアさんは、イヤそうな顔をしながらも、ちょっと気持ち悪い動きで踊りました。

続いての課題は、AKB48の♪恋するフォーチュンクッキー。

これを、ジャルジャル後藤さんがやってみると。動きが固く、カクカクして、まるで無声映画の様でした。

指原さんに、直々に教えて貰った事があるという、ジュニアさんは、やっぱり動きが気持ち悪いという結果に終わりました。

2人とは別の、後半パートに、大悟さんが挑戦すると、”占ってよ♪”の所が、”すしざんまいポーズ”みたいになり、ポーズのクセがスゴかったです。

次は、三代目J Soul Brothersの、ランニングマン。

ジュニアさん、小宮さん、後藤さん、大吉先生、大悟さん、挑戦した皆さんは、全くリズムに乗れず、かっこ悪いランニングマンとなりました。

さらに、踊りたくない芸人に、ミュージカルをやらせたら?

小宮さんは、周りのノリに合わず、転んだり、メガネを落としたり、散々な結果となっていました。

この日ゲストのEXILE松本さんと、Choo Choo Trainを踊ると…。

何となく皆さん出来ている雰囲気でしたが、最後尾のジュニアさんの動きが、明らかにおかしかったです。顔をひょいと出す動きが、やっぱりちょっと気持ち悪い!

スタジオに戻り、運動神経悪い芸人の、ゲストの川田さんに、ダンスはどうか聞くと、リズム感はある!と自信ありげに答えます。ジュニアさんと同じく、指原さんに直伝してもらったという、♪恋するフォーチュンクッキーを、ジュニアさんと川田さん、2人で披露しました。

すると、ジュニアさんは、やっぱり相変わらず、川田さんも、ちょっと動きが怪しい。どうも、踊りたくない芸人寄りの、雰囲気でした。

ランニングマンの、出来が悪かった大悟さんが、追試として、スタジオで再び披露しました。

やっぱり動きはぎこちなく、何をやっているのか混乱している様子でした。

川島さんに振られるも、運動神経悪い芸人であり、踊りたくない芸人には出演していませんでした。しかし、ちょっとやってみて、と、ランニングマンをやる事に。楽しそうな笑顔と、高く上がった足が、迫力がありましたが、何だかぎこちない。大悟さんは、「強敵現る!!」と恐れていたのでした。

ここで、せっかくなのでと、元フェアリージャパンの畠山さんに、新体操の動きを見せてもらうことに!

素晴らしいリボンの演技を、小宮さんがトライしてみます。全く美しくない演技に、リボンがトイレットペーパーに見えてしまいました。

珍プレー集その2

続いては、滑舌悪い芸人より、携帯の音声検索で、正しく聞き取れるのかという企画。2011年当時の、最新型で、検証しました。

ロッチのコカドさんが、「もしもし、コカドです」と、話すと、「バス待ち焦がです」と、意味のわからない検索結果に。

野性爆弾ロッシーさんが、本名である、「城野克哉です」と話すと、「後ろめたいです」と、全く違う結果となりました。

大本命の、諸見里大介さんは、「ささみのしそ巻き」と話すと、「帰社されます 382」と、思わずなんで!?と言ってしまう様な検索結果でした。

そして、3年後、進化した携帯ではどうなのか?

ウドさんが、「キャイ~ン ウド鈴木」と話すと、「can you スズキ」と惜しい結果に。

諸見里さんが、「背中に咲いた桜吹雪」と、遠山の金さんの名ゼリフを言うと、「中西さん家」と、かなり短縮されて、検索されていました。

それでは、現在の最新型ならどうなのか!?諸見里さんを呼び出して、検証しました。

まずは以前聞き取れなかった、「ささみのしそ巻き」を話すと、なんと、しっかりと検索出来ていたのです!普通に聞いていても、”しゃしゃみのししょまき”にしか聞こえなかったのに!

さらに、「稀勢の里」と話すも、「サーシャと」になり、流石に聞き取れなかった模用。

滑舌悪い師匠と、最新技術は、一勝一敗のイーブンという結果でした。

次に、ヘン声芸人が、アテレコに挑戦した企画。お題は、”アルプスの少女ハイジ”のハイジの声。

これを小宮さんが挑戦すると、なんとも言えない、力の抜けたハイジになっていました。

”クレヨンしんちゃん”に挑戦した、スリムクラブ真栄田さんは、明らかに5歳の子供の声では無い、シュールな声で、激シブでした。

珍プレー集その3

ネタを即興アレンジ、パクりたい-1GPより、今年大ブレイクした、ブルゾンちえみのネタを、フジモンがパクると?所々、リズムが合わなかったりする所があったものの、入り込んで、見事にパクっていました。

続いては、芸人体当たりシミュレーションより、特におかしなシーン。

足つぼマットでの、小峠さん。足の裏が痛すぎて、手がすぼみ、小峠ザウルスになっていました。

足つぼマットの上での縄跳びで、小宮さんは、アッアッー!!と怒りながら、度々縄が足の指に挟まるのが、大変そうでした。

天津の向さんが、足つぼ縄跳びに挑戦すると、あまりの痛さに、悶絶。開いた口が塞がらず、顎が外れてしまった様です。自分ではめていましたが、大丈夫なんでしょうか?

足つぼPKでの、小宮さんvsライス関町さんの戦い。

先行の関町さん、勢いよくダッシュすると、ボールに躓き転けます。それも、足つぼマット上なので、さらに痛そう!そして、小宮さんの攻撃、キーパーになった関町さんですが、ゴールを守ろうとした勢いで、今度はゴールポストに頭を直撃。踏んだり蹴ったりでしたね。

次は、回転竹刀ジャンプより、向さんの挑戦の様子です。最初は、リズムよく飛び越えますが、段々速くなっていく竹刀に、ついていけず、当たった足の指が、裂けてしまった竹刀に挟まるというミラクル!ある意味おいしい。

ぐるぐるバットをした後に、三段跳びをするという、難易度の高い競技には、小峠さんが挑戦。おじいちゃんの様な動きで、助走エリアの両脇にある、小麦粉ゾーンへ、度々落ちて、粉だらけになってしまいました。

次の、アンガールズ田中さんの挑戦の時には、先ほど挑戦して、汚れた体をシャワーで洗い流し、タオルで身体を拭いていた小峠さんが、カメラに見切れて、慌てて隠れるシーンが。焦る様子が、なんとも面白かったです。

スタジオに戻り、小峠さんの見切れ事件がウケすぎて、田中さんの競技中は、みんな小峠さんがどこかに居ないか探してしまい、ぐるぐる三段跳びどころではなかったと、小宮さんは話しました。見切れ芸が、今後また見られたらいいですね。

ゲストの泉さんは、足つぼPKが、大好きだそうですが、なんであんなになってしまうの?と、疑問に思っているそうです。そこで、スタジオに足つぼマットを敷いて、どれだけ痛いのか、体験してみました。

最近疲れているだろうから…と、ノブさんが、足つぼ縄跳びに、初挑戦しました。

乗ったそばから、声を上げてすぐ降りてしまいます。その威力は、相当なようです。「ナイフじゃ〜!」と、クセの強いツッコミも飛び出し、縄跳びに挑戦するも、痛さで転んでしまい、結果、ヒジをやってしまうという結果でした。

すると、ジュニアさんの悪ノリで、足つぼマットの上で、千鳥が漫才を披露する展開に。フジモンさんの歌う、お馴染みのM-1の登場曲で、勢いよく出てきた2人でしたが、マットに乗った瞬間に顔が歪み、全然ネタどころではありませんでした。

運動神経悪い芸人 珍プレー集 前半戦

初っぱなは、バスケットボールのジャンプシュートに挑戦!

まずは、フットボールアワー後藤さん。ドリブルもさることながら、シュートが酷かったです。まるで鉄球を投げているかの様に、重そうで、ジャンプとのタイミングも合わず、全くゴールには届きませんでした。

続いて、麒麟川島さん。勢いよくボールをつき、ゴールにボールを投げつける!まさかのイライラシュートでした。

陶芸家こと、笑い飯西田さんは、足元がおぼつかず、突然銃で撃たれたかの様に、ヒザから崩れ落ちていました。

今度は、レイアップシュートに挑戦。

ナイツ塙さんは、スキップドリブルからの、NBAばりのダブルクラッチ!かなりレベルの高いことしていませんか?!

ザブングル松尾さんは、ちょっと普通では考えられない、おかしな動きで、シュートからの、バンザイ転倒という結果でした。

次の競技は、卓球です。

基本中の基本、ラリーの練習を、まずは川島さんが挑戦します。

返したいという気持ちが前に出すぎて、ラケットを持つ右手だけでなく、左手も一緒に前に動いていました。何かのエクササイズ?

続いて、サバンナ高橋さんが、やってみると、ラケットを上に振り上げ、まるで江戸のお調子者と、例えられていました。

ヒザ神村上さんの、実力はどうでしょう?やっぱり膝か曲がらない。そして、やる気が感じられない。でも、本人は楽しかったようです。

続いての競技は、サッカーです。ドリブルシュートに挑戦します。

名前に”フットボール”が入った、後藤さんがやってみると、成人男性が蹴ったとは思えない、超へなちょこシュートでした。

松尾さんは、勢いよくスタートすると、ゴールを追い越し、コケて終了。みっともない姿で、まさに珍プレーとなりました。

塙さんは、ボールを追い越してしまい、脇に逸れるも、立て直し、なんとかゴール。見ていて疲れるような動きでした。

お次はリフティングに挑戦。

これを、初の女子メンバー、川田さんがやってみると、まずスタートのボールトスから、おかしな動きで、笑わせてくれました。

一旦スタジオに戻ると、卓球ラリーでの、村上さんのヒザ神ステップの話題に。同時に二つのこと出来ないそうで、なんか表情がムカつくと指摘されると、他の出演者を攻撃し、”性格悪い芸人”のレッテルまで貼られてしまったのでした。

運動神経悪い芸人 珍プレー集 後半戦

次の競技は、水泳です。

まずは平泳ぎに、ヒザ神村上さんが挑戦すると、息継ぎの顔が、動物みたいでおかしかったです。

水神様の称号を持つ、松尾さんは、ほぼほぼ溺れていました。どんどん沈んでいく!大丈夫でしょうか?

続いては、平泳ぎのスタートでお馴染みの、バサロです。

これに、川島さんが挑戦すると、スタート直後から、上半身が沈む。これもなかなかの、危ない映像でした。

西田さんは、綺麗に飛び込むも、優雅にクルクルと体が回っていました。

ヒザ神村上さんは、感電しているかのように、小刻みな体の動きで、面白かったです。

水神様・松尾さんのバサロは、やっぱりスタートから、沈む沈む!天才スイマー現る!でした。

次に、バサロとは反対の姿勢の、ドルフィンキックです。

これを後藤さんがやってみると、折りたたみベッドのように、体をクネクネと動かし、奇妙な動きになっていました。しかし、本人は出来ていたと、勘違いしていたようです。

水神松尾さんは、足をバタバタさせるも、全く進まず、何故かバックする始末でした。さすが天才といった、真似のできない動きです。

以上、運動神経悪い芸人、水泳編でした。

その他の競技も、いくつか放送されました。まずは、陸上のやり投げ。難しさを上回る、珍プレー集です。

笑い飯西田さんは、投げるまでの歩数が合わなかったのか、1mほどの記録となりました。

戦隊ヒーロー大好き芸人の、御茶ノ水男子しいはしさんは、勢いよく振りかぶるも、ほぼ真下に”やり刺し”していました。

サバンナ高橋さんは、助走でやりを上下に振って、リズムをとりますが、部族のお祭りの様で、飛距離は出ず。しかし本人的には、満足そうでした。

次の競技は、ラグビー。ハイパントキャッチに挑戦します。

東京03豊本さんがやってみると、キャッチし損ねて、ボールが顔面に直撃!!痛そーでした。

ザブングル松尾さんは、外れたピンマイクに気を取られ、見事ボールが頭に直撃。ミラクルな映像でした。

ここで、何度見ても色褪せない、川田さんのスキップも、放送されました。馬のような前傾姿勢と、硬い動き。いろんな角度からのカメラで、躍動感や迫力が伝わってきました。

続いては、リオ五輪で日本中を感動させた、リレーです。

1.ゴールデンボンバーの歌広場さんと、2.ヒザ神村上さん。そして、3.ザブングル松尾さんでやってみると、一走の歌広場さんの勢いが良すぎて、二走の村上さんをちょっと追い越す。相変わらずの、ヒザを曲げない走りで、ぎこちなく松尾さんにバトンが渡り、ゴールしました。

順番を”村上→歌広場→松尾”に変えて、再トライしてみると、村上さんから歌広場さんへのバトンパスで、歌広場さんの助走が早すぎて、パスした頃にはもうバトンは松尾さんへ…という、なんとも忙しいリレーでした。

スタジオに戻り、あまり笑っていなかったジュニアさんに、運動神経悪い検証をしてみました。

バスケのドリブルは、スタジオから悲鳴があがる程、ちょっと気持ち悪い動きでした。

リフティングでは、自信ありげな態度で挑むも、2回しか出来ず、運動神経悪い芸人に合格を貰っていました。年末SPを楽しみにしましょう!

運動神経悪い芸人 好プレー集

まずは、バスケットボール。

麒麟川島さんの、ジャンプシュートでは、1人時間差で気を送った?のが通じたのか、見事にゴールに吸い込まれました。

村上さんは、ヒザ神ステップでドリブルをすると、ノールックでシュート。これが、綺麗にゴールへ入りました。一番カッコイイやつ!

ライスの田所さんは、元バスケ部だけあって、ドリブルは様になっていますが、倒れながら打ったシュートは、なんとリングの淵でボールがストップしました。まさに、ミラクルプレー!

ザブングル松尾さんが、やってみると、パスされたボールで、顔面を強打し、座り込みながら打ったシュートが、入るという好プレーを見せてくれました。

続いての競技は、野球です。

川島さんの試合での好プレーです。センターへ打たれた打球を、足で止め、すぐさまファーストに送球。これで、アウトを取れて、侍ジャパンの稲葉新監督も、大喜びしたシーンでした。

次は、走り高跳び。

ヒザ神村上さんの挑戦で、見事な跳躍を見せ、ドヤ顔を決めていました。この競技では、曲がらない膝が役に立っていた様です。

体当たりシミュレーションの、足つぼPKでの村上さん。キーパーで、珍しく膝を曲げて、小峠さんのシュートをクリアーしていました。

以上、奇跡の好プレー集でした。

感想を求められた、川田さんは、「出来ないと思ってやっていて、出来た時の喜びはひとしおで、その気持ちがすごく良くわかる」と、共感して見ていた様です。

ラストに、小峠さんの足つぼで締めようとなり、足つぼ縄跳びに挑戦しました。小峠ザウルスが登場し、痛がった後、恐竜の雄叫びをあげて、終了でした。

最後に

予測も出来ない動きが、見ていてビックリするような、面白いような…という1時間でした。これからも、運動神経悪い芸人には、期待したいところです!!

次回は、「アイス大好き芸人」です。

日曜もアメトーーク!「アイスがなきゃ生きてイケない芸人」のネタバレと感想とまとめ。

暑いこの季節だからこそ、アイスを思う存分語りたい!みんなが大好きな、スターアイスたちが続々登場!もう、待ちきれない!ついつい食べちゃうコンビの、ブラマヨ小杉さんと、サンドの伊達さんも、楽しみなところです。