ハロウィンと言えば、お菓子と仮装のパーティーで、秋の大きなイベントとして、毎年盛り上がっています。

そのハロウィンには、可愛らしいスイーツは欠かすことができません。しかし、一から手作りして準備をするのは、なかなか大変です。

s-ハロウィンお菓子レシピ_110517_103800_AM

市販のお菓子やスイーツにちょっと手を加えてアレンジするだけで、グッとおしゃれで可愛らしいハロウィンパーティーを演出してみましょう。

材料や道具、時間も少しで済む、ハロウィンお菓子のアレンジレシピをご紹介します!

チョコペンを使ったアレンジレシピ

手作りお菓子のデコレーションで便利なチョコペンを使って、ハロウィンお菓子をアレンジです。

様々な色が売られているので、カラフルに仕上がること間違いなしです。

何にデコレーションするのかをイメージし、絵の大きさを考えてから、OPPシートやクッキングシートに下絵を描きましょう。

次に、チョコペンを湯せんで溶かし、下絵をなぞります。冷蔵庫で冷やし固めたら完成です。

市販のケーキなどにのせるだけで、可愛いハロウィンスイーツに仕上がるでしょう。

もう一つのアレンジレシピは、マシュマロです。

白いマシュマロをお化けに見立てて、チョコペンで目や口を書き足しましょう。

チョコが乾いたら、ピックに刺してグラスに飾ったり、チョコペンデコと一緒にケーキにのせてみてください。

ちょっとのアレンジで、立派なハロウィンスイーツの完成です。

スポンサーリンク

お子さんと一緒にお菓子をアレンジ

ハロウィンパーティーはしないけど、ご自宅でもハロウィン気分は満喫したいものでしょう。

そんな時は、マンゴープリンにちょっと手を加えるアレンジレシピで、ハロウィンを楽しんでください。

チョコペンで目と鼻と口を書き足しただけで、ジャックオラタンに大変身、マンゴープリンの黄色がピッタリです。

この他にも、カップケーキのデコレーションもオススメです。

線を放射線状に書き、間に線を書き足せば、蜘蛛の巣になりますし、ホワイトチョコのペンを使用すれば、お化けが書けます。

マンゴープリンもカップケーキも表面積が大きいので、お子さんでも挑戦できそうです。

最後に

お菓子がメインのハロウィンですが、まだお菓子が食べられないお子さんや、市販のお菓子をたくさん食べさせたくないと言う場合は、食事のメニューをハロウィン仕様にアレンジです。

ご飯をお化けにかたどって、プレートに盛り、おかずを飾りつければ、あっという間にハロウィン仕様のメニューにアレンジできます。

固めに作ったパンプキンサラダを丸めて、ジャックオラタンにするのも可愛らしいでしょう。お弁当でもハロウィン気分が味わえます。

デコ弁用のふりかけを利用して、オレンジのおにぎりを作って海苔で目と鼻と口を作れば、ジャックオラタンのお弁当が完成です。

準備の過程を楽しむハロウィンですが、わざわざ時間をさいて準備をしなくても、ハロウィンパーティーは楽しめると思います。

ちょっとのアイディアで、素敵なパーティータイムにしてください!