ペットショップに行くと必ずと言っていいほど目にする「スコティッシュフォールド」。

最大の特徴は、折れ曲がった耳です。

fd7829d2c107ea861ae30df9aa005958_s_041918_124817_AM

頭にペタンとくっついていて、そのシルエットの丸さが愛らしくて人気を集めています。

ここでは、そんなスコティッシュフォールドについて、ご紹介していきたいと思います。

スコティッシュフォールドはいつ生まれたの?

元々は、イギリスの猫でした。1960年頃に発見されたばかりの猫で、他の猫と比べて新しい種類だと言えるでしょう。

ある時、突然耳が折れている猫が生まれ、その猫の子供も同じように耳が折れ曲がっていたそうです。

どうやら折れた耳は遺伝と関係があるとのことで、本格的に繁殖に乗り出したのでした。

ですが、遺伝性のリスクがあるという理由でイギリスでの品種登録は出来ず、1978年にCFAに認定されました。

スポンサーリンク

体の特徴は?

スコティッシュフォールドと言えば、真っ先に思い浮かぶのがまん丸の頭でしょう。

耳が折れ曲がっているために、猫らしくないシルエットなのですがそれがまた魅力なのです。

この耳の折れ具合には、様々な段階があります。中には全く折れていないスコティッシュフォールドもいます。生後2か月くらいから次第に折れていくのですが、しっかり折れているほど良いと言われています。

どんな性格なの?飼いやすさは?

スコティッシュフォールドの魅力は、温厚な性格にあると言えるでしょう。甘えん坊で、人間が大好き。いつも飼い主の近くにいたいと思っているようです。

おっとりしていて、人見知りをしないのも人気の秘密。初めて猫を飼う人が、スコティッシュフォールドを選ぶことも多いんですよ。

鳴き声もあまり出しませんので、アパートなどで飼う場合におすすめです。ペットOKのアパートでも、やはり大声で鳴かれては気になりますものね。

値段はどれくらい?

ペットショップでは、10万円前後で売られていることが多いです。

ですが、耳の折れ具合や毛の長さなど、外見的な要素によっては30~40万円になることも!

ブリーダーさんから購入する場合や、里親さんから譲ってもらう方法もあります。里親さんからの場合は、無料ということもあるでしょう。

気をつけること

他の種類に比べて、太りやすいと言えます。そのため、餌の量をきちんと決めて管理することをおすすめします。

また、キャットタワーを置くなどして運動量も確保してあげましょう。

ちなみに、スコティッシュフォールドの健康的な体重は3.5~4.6kgです。

神経質になり過ぎて餌の量を減らしてしまい、痩せ過ぎてしまうのも問題です。

上から見て、腰にくびれがあればOKです。

最後に

突然変異により、折れ曲がった耳の子猫が生まれたのが始まりの「スコティッシュフォールド」。その愛らしいシルエットは、たくさんの人の心を掴んで人気を集めています。

初心者さんも飼いやすい種類ということもあり、飼いたい猫ランキングの上位に位置しています。

耳の折れ具合や毛の色、毛の長さなど、1匹1匹に個性があるのも魅力ですね。

元気でやんちゃな猫もカワイイですが、スコティッシュフォールドのようにおっとりしている猫もカワイイですよ。