日本の四季の美しさを一番感じることができる、秋の紅葉。

今年こそは、美しい紅葉狩りに行ってみたい!と思っている方も多いのでは?

8ae888dee992b0de6573d67a9a9edb87_s_082416_071727_PM

そこで、今回は首都圏からも100km程度で日帰りもできる、群馬県にある日本百名山の一つである赤城山をご紹介します。

赤城山の紅葉の見頃の時期は?

赤城山の紅葉の時期は、10月中旬~11月初旬にかけてです。

赤城山の色づきは、その前の10月の上旬ごろで、徐々に紅葉スポットとしてニュースに取り上げられるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

そもそも、赤城山って?

赤城山といっても、そのまま赤城山という峰は実はないのです。

黒檜山と、駒ケ岳、地蔵岳、荒山、鍋割山、鈴ヶ岳、長七郎山などからなる山々の総称となっているのです。

中でも最初に挙げた黒檜山は赤城山の中で最も高い主峰で、高さは1,823mとなっています。

実は私もこの黒檜山には、今年の3月中旬に登りました。その時は駒ヶ岳から黒檜山へと続く道を歩きました。

これが、その時の写真です。

無題クリップ_082416_071040_PM

赤城山の紅葉のおすすめスポット

私がおすすめするのは、やはり黒檜山です。

下の写真は、黒檜山の山頂から見える景色です。3月の中旬頃なので雪が残っていますが、紅葉のシーズンに行けばどうなっているでしょうか?想像するだけでワクワクします。

無題クリップ_082416_071209_PM

左の奥に映っているのは、大沼です。

この大沼は湖で、近くまで行くとボートに乗ることができます。

また湖のすぐ近くに赤城神社もあるので、いい観光スポットになるのではないでしょうか?

これがその赤城神社です。

無題クリップ_082416_071300_PM

紅葉シーズンに行けば、より一層深みのある景色として楽しめるのではないでしょうか?

赤城山の観光コース

赤城山の観光コースはいくつもありますが、紅葉シーズンでおすすめのコースをご紹介します。

まずは、赤城山に登って行く中腹にある「赤城神社」が、最初のおすすめスポットです。

次は、小沼を目指しましょう。

先ほどの中腹にある赤城神社から20分ほど車で登って行くとあります。

それがこの写真です。

無題クリップ_082416_071429_PM

この後ろ側に駐車場とトイレが数個あって、ここから下に降りることができます。

家族で行くのもよし!カップルで行くのもよしの観光スポットです。

その次は、大沼の南東、鳥居峠に行きましょう。

鳥居峠には、昔、ここから更に北の利平茶屋からケーブルカーが上がってきていました。

それも1957年から67年のたった10年間のことですが、今でもその名残は残っています。

現在は、駅跡は休憩施設になっていて、当時の写真や遺品の展示もあります。

ここで一望できる赤く染まった山々の数々。最高です。

そして、最後に大沼に行き、ボートや赤城神社で参拝して紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか?

最後に

首都圏から、気軽に行ける赤城山。

是非、今年の紅葉狩りの候補に、赤城山を加えて観ては如何でしょうか?