バーマンという種類の猫をご存知でしょうか?

原産国とされているミャンマーでは、なんと釈迦の誕生より前からいたと言われているそうです。

3e82ebe111e45781bbb878c5b0ad48ee_s_032519_121136_AM

そして、聖なる猫とも呼ばれているようです。

なんとも神秘的な猫、バーマンについて、特徴や性格をご紹介いたします。

聖なる猫、バーマンの特徴は?

聖なる猫とか、幸福を呼ぶ猫と呼ばれているバーマン。

最大の特徴である淡いクリーム色の毛色は、ゴールデンミストと呼ばれています。

そして、尻尾や足、顔、耳は黒っぽくなっています。

足先は白くなっているのも大きな特徴で、前脚の白い部分を「グローブ」と呼び、後ろ脚は「レース」と呼ばれています。

頭は大きく丸っこいです。瞳は玉子型をしており、美しいサファイアブルーが魅力的。

ガッチリとした体型で、とても立派な尻尾を持っています。

やや大きめの体をしており、オスが4.2~7kg、メスが3~4.5kgです。

スポンサーリンク

ラグドールと間違いやすい!?

バーマンによく似た猫に、ラグドールという種類があります。

ラグドールも目が青く、長毛で色も似ています。

そのため、間違えてしまう人も多いようです。

一応違いを書いておきますと、ラグドールの方が体の大きさが大きいのが特徴です。

その分、体重も重いです。

また、グローブやレースのような足先の白い部分が、ラグドールにはありません。

この辺りが見分けるポイントですね。

ですが、確実に見分けるためには、やはり血統書を見るのが一番でしょう。

どんな性格をしているの?

バーマンの性格は。穏やかで優しく、我慢強いと言えるでしょう。

頭も良いですよ。飼い主によく懐き、従順です。

同居の動物や、人間の子供ともうまくやっていけるでしょう。

基本的にフレンドリーな性格をしており誰にでも懐きますが、特に好きな相手には一日中つきまとったりもします。

バーマンは若いうちは運動量が多いですので、キャットタワーを設置してあげましょう。

大人になると次第に落ち着き、のんびり過ごすのが好きになるようです。

最後に

青い瞳とフワフワのゴールデンミストが魅力のバーマンについて、その特徴や性格をご紹介しましたが、参考になったでしょうか?

バーマンとラグドールの違いは、足先が白いかどうかというところにあります。また、体の大きさがラグドールの方が大きいです。

ですが見分けに不安がある場合は、血統書を確認するのが一番確実ですね。

美しく吸いこまれそうな青い瞳が印象的な猫で、立派な尻尾や立派な長毛がゴージャスな雰囲気。

性格は穏やかでフレンドリーですので、初心者さんにおすすめです。