愛犬の突然の嘔吐を見たら、どうしたのかと心配になりますよね。

それに血が混ざっていたら、尚更心配です。

犬は人よりも吐きやすい動物ですので、問題の無い嘔吐の場合もあるのですが、血が混ざっているのは異常だと言えます。

11fb03c3ac8e593665fbd2b9fdf12950_s_090118_032546_PM

今回は、犬の嘔吐に血か混じる時に考えられる原因と、その対処法についてお話をしていきます。

血が混じる時に考えられる原因

嘔吐物に血が混じる場合、何らかの原因があるはずです。

考えられウ原因を挙げてみますね。

口から腸のどこかで、炎症が起きている。または腫瘍がある。

胃腸で炎症が起こっている場合、粘膜が傷つき出血することがあります。

それが嘔吐物に混ざるのです。

薄いピンク色程度でしたら問題のないケースもありますが、症状が重くなるほどに嘔吐物の赤色が濃くなります。

重度の胃潰瘍では、ほぼ鮮血に近い状態となるります。

消化器系のどこかに癌や腫瘍があると、出血が続いたり、突然大量に出血したりします。

異物を飲んでしまった

先の尖った物を飲みこんだ場合、口の中や喉を傷つけてしまう事があります。

食べた直後に、口から血が出た場合は異物誤飲の可能性が高いです。

中毒性のある食べ物を食べた場合も、吐血することがあります。

人間にとっては何でもない食べ物でも、犬には毒となるものがたくさんあります。

例えば、タマネギやチョコレートがそうです。

犬に危険な食べ物が、家の中にないかどうか、一度調べてみると良いでしょう。

血小板異常

血小板というのは、止血に必要な物質です。

ですが、これが抗体に異物と認識される場合があります。すると、あちこちの臓器から出血する事があります。

大量に吐血をすることも考えられます。

鼻や肺の異常

鼻炎が悪化したり、鼻の中に腫瘍があると、そこから逆流した血が口に出る場合があります。

また、心臓病が原因で肺から出血し、吐血となることもあります。

スポンサーリンク

吐血した場合の、対処法は?

愛犬が血を吐いたら、飼い主さんはパニックになってしまうかもしませんが、そんな時こそ落ち着きが必要!

対処法をいくつかご紹介します。

絶食させてみる

1~2回吐いた程度で、その後元気があるのなら絶食で様子を見てみましょう。

もしかしたら、軽度の胃腸炎かも知れません。

時間は半日~1日くらいが良いでしょう。

嘔吐(吐血)を繰り返すなら、受診を!

嘔吐した後、元気が無く、何度も繰り返すようなら動物病院に行きましょう。

腫瘍の場合は、自分で応急処置をするのは難しいです。

一刻も早く受診してください。

異物があったら、取る

口の中を見て異物があったら、取り除きましょう。

無理に取ると危険な場合もあるので、難しい場合は動物病院に連れて行きましょう。

息苦しそうなら、すぐに病院へ!

鼻や肺からの出血の場合、呼吸が苦しくなることがあります。

症状も重くなっていると考えられますので、早めに動物病院に行きましょう。

全身のチェック

もし、皮膚に紫の斑点があったり、血尿が出たり、歯茎が白っぽくなっていたら、止血異常かもしれません。

大至急受診してください。

最後に

犬の吐血についてお話をしましたが、いかがでしたか?

最初、嘔吐物が薄いピンクだったのが少しずつ濃くなってきた、という場合もあれば、突然大量に鮮血を吐くという場合もあります。

どんな場合でも、口から血が出たら慌ててしまう可能性があります。

そうならない為にも、健康な内からこうした知識を頭に入れておく事は、大変重要なことです。

普段から愛犬の様子を観察し、なるべく早く以上に気付いてあげられると良いですね。