手軽に入手出来、自分での栽培も可能なオレガノは、大人気のハーブです。

優れた抗菌・抗炎症効果やリラックス効果により、心身共にバランスを整えることが出来ます。

625909950c9c3655bcec69b9a7aded52_s_060519_012610_PM

そんなオレガノの品種や、種まきの方法と増やし方などをご紹介いたします。

オレガノには、いくつかの品種がある

天然の抗生物質とも呼ばれるオレガノには、実は大きく分けて3つの種類があるんですよ。

オリガヌム類

一般的に、オレガノと言えばこの種類です。

ローマ時代から使われてきたハーブで、料理によく使われます。

マヨラナ類

防腐剤にもなるマジョラムが、この種類です。

スパイシーで少し甘い香りがします。料理に適しています。

アマラクス類

花オレガノとも呼ばれています。料理よりも花を楽しむ種類で、ポプリやドライフラワーに使われます。

食用のオレガノ

オレガノ、グリークオレガノ、スイートマジョラム、ポットマジョラム、オレガノ・ミクロフィラなど

花を楽しむオレガノ

オレガノ・ハイブリッド、ロツンディフォリウム、ピルケルム、ネオンライト、ディクタムナスなど

「オレガノの育て方」

・種まき

オレガノの種は細かいので、土を入れた育苗ポットに蒔きましょう。

土を薄く被せ、そっと水をやります。

発芽後は、生長が遅い新芽は取り除いて下さい。

鉢や庭に定着させるのは、本場が6~8枚くらいがベストです。

・苗を植える

鉢に植える場合は、鉢底石を敷きましょう。その上に苗を置いてから、土を入れます。

地面に植える場合は、水はけの良い場所を選びましょう。

隣の苗との間隔は、30~50cmくらいが良いでしょう。

・用土

水はけを重視してください。

赤玉土6:腐葉土2:堆肥2の割合がおすすめです。

市販の草花用培養土でもOKですよ。

・水やり

鉢植えなら土の表面が乾いてから、たっぷり与えます。

地上の場合は、極度な乾燥でなければ与えなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

増やし方

挿し芽によって増やすことが出来ます。

2~3年に1度、3~4月または9~10月に挿し芽をします。

10cmくらいにカットした茎を、1時間くらい水に浸けます。

その後、下の方の葉っぱを取り、土に挿しましょう。

土の乾燥に注意し、明るい日陰に置いておけば、2週間くらいで発根します。

最後に

天然の抗生剤とも言われるほど、優れた抗ウイルス作用を持つオレガノ。

風邪予防や胃腸の働きを整えるだけでなく、その香りには精神を落ちつける働きもあります。

素晴らしい効果の詰まったオレガノは、栽培も簡単!

健康に良いオレガノを、あなたも是非育ててみてくださいね。