あなたの家の猫の目から、茶色い涙は出ていませんか?

見た経験がない人にとっては、驚きの症状ですよね。

でももし「そういえばうちの猫、茶色いものが目から出てた」なんて思い当たる節がある人は、注意が必要ですよ。

f179ea5fe3768d7be0de4b59e57a60b9_s_070418_054809_PM

猫の体に、何か異常がある証拠なのです。

では、今回は猫の茶色い涙についてお話をしていきます。

猫の涙は要注意

涙と聞くと、普通は透明なものを思い浮かべますよね。

でも猫は茶色い涙を出すこともあるんです。

人間は比較的よく涙を流しますが、猫は健康な状態では涙を流すことはありません。

透明でも茶色でも、涙が出ているというのは異常な状態なのです。

注意深く猫を観察する必要があるでしょう。

スポンサーリンク

茶色い涙が出る原因

結膜炎

まぶたの内側や、白めの部分が赤くなる病気で、腫れてくる事もあります。

自然治癒は出来ないと思っておきましょう。

怪我による結膜炎と、ウィルス性の結膜炎があります。

ウィルス性の方ですと、体力の回復により一旦症状が落ち着くこともあります。

ですが、何かのきっかけで免疫力が落ちた時に、再び同じ症状が現れたりするのです。

ウィルスを完全に取り除く必要があるので、必ず病院に行きましょう。

流涙症

この病気になると、涙が止まらなくなりどんどん溢れてきます。

そのため、目の周りはいつもビチョビチョ。

次第に目の周りが赤茶色に変色していきます。

涙やけとも呼ばれており、見た目ですぐに分かります。

命の危険はありませんが、放っておくとまぶたの炎症につながります。

また、皮膚病に発展したりするので注意が必要です。

悪化させないように、早めに病院に連れて行くことをおすすめします。

傷がある場合

涙の色が赤に近かったら、傷がある可能性もあります。

例えば、カチカチになった目ヤニをはがす時に、出血してしまった場合です。

細菌感染を引き起こす可能性があるので、その前に病院で処置してもらいましょう。

茶色い涙が出た時の対処法

愛猫の目から茶色い涙が出ていることに気付いたら、目の周りに傷がないか確認してみてください。

傷があれば、病院でその治療をしてもらいましょう。

涙の量が多い場合や、目ヤニが多い場合には、目がふさがってしまうこともあります。

そういった時には目の少し上か、布に含ませた水を垂らして流すと良いでしょう。

顔に水をかけられるとパニックになる場合も多いでしょうから、無理なようでしたら動物病院で診てもらいましょう。

少量でも、茶色い涙が出ていたら結膜炎の可能性もあります。

いずれの場合も、涙の量や色をよくチェックし、増えていくようでしたら早めに受診しましょう。

最後に

猫が茶色っぽい涙を流していたら、どうしたらいいのかをお話ししましたが、いかがでしたか?

結膜炎や流涙症、怪我の可能性があるのですね。

猫を外に連れ出すのは、とても大変な事だというのは私もよく分かります。

病院に連れて行こうとすると、どこかに隠れてしまいますものね。

ですが、猫が涙を流すということは異常なことですので、気になる事があったら早めに動物病院に連れていくことをおすすめします。