冷え性で悩んでいる人は、沢山います。

特に「冷え性」というと女性が多いですが、男性もいるというのは知っていましたか?

24c2ede9ff3a2c96699678f8dab00644_s_112819_103337_AM

「冷え性」でも少し温まると解消する人もいますが、「病院に行く人」など重症な人もいるという可能性もあります。

冷え性で悩んでいる人に、どのような改善方法があるかまとめてみました。

冷え性になるには、なにが原因?

冷え性の人は、どちらかというと女性が多いです。それは男性に比べて、「脂肪が多く筋肉量が少ない」ことが原因だということが考えられます。

筋肉は「体の熱を作る」という、とても重要な役割も担っています。

筋肉が少ない女性の体は、作られる熱も少ないので温まりにくく冷えやすい体になります。

脂肪は「熱を通しにくい」という性質があり、血流の多い筋肉量も少ないので女性は1度冷えるとなかなか温まらないという可能性があります。

冷え性は、「自律神経の乱れ」が大きく関係しています。女性は更年期などでホルモンバランスの乱れが大きく、自律神経の乱れを引き起こしやすいです。

自律神経は、体内に血液を胃や腸を動かしたりしているのでとても重要な役割を果たしています。自律神経が乱れることにより、血行不良や臓器の不調を引き起こし冷えを招くということも考えられます。

そして、建物の中と外の気温差やエアコンの風などでももたらします。

自律神経が体温を奪われない様に、血管や汗を収縮させ・末端の血流が鈍くなり冷え性が発症します。ただ、1度外に出ると温かいので1気に血流が回復して汗が出ます。

これを繰り返すことにより、どんどん自律神経に負担が掛り冷え性が慢性化していくということは考えられます。自律神経の乱れを整え、体を内側から温めると良いです。

冷え性は女性がなり易く、「自律神経の乱れ」と「筋肉量が少ない」というのが原因だという可能性はあります。

冷え性で悩んでいる人は、どのような改善方法があるか?

人の体は、細胞や酵素が働きやすくする為に37度に保たれています。外気が暑い時は、体温を保つ為に手足などが流れる血管を拡張して体内の熱を外気に放出します。外気が寒い時は、手足などを収縮して熱が放出されるのを防ぎます。

臓器に集まる体の中心部に血液を集めて、体温を維持しようとしているということは考えらえます。その為、血液が渡りにくくなると温度が下がります。

血管を収縮・拡張させて、体温を調整している自律神経が乱れます。その為、血液の循環が悪くなり冷えを誘発している可能性があります。

冷え性の人は、どのような改善方法があるか気になるので見てみます。

入浴で血行を良くする

体全体を温めることにより冷え性改善になり、お風呂は38度くらいのぬるめ湯に浸かります。心身をリラックスして、血行を促進すると良いということは考えられます。

シャワーだけで済ませる人も多いですが、湯船に浸かって体の芯から温める事は必要な事です。出来る事なら、毎日大体15分くらい浸かると良いという可能性はあります。

体がしっかり温まるのが、大体20分くらいと言われています。長時間入浴すると、肌の乾燥や水圧で疲れてしまうという可能性もあります。

お風呂に入ると汗をかくので、お風呂から上がったら水分を摂取すると良いということも考えられます。

運動をする

熱を作るのは筋肉ですが、筋肉は太ももから腰にあるので下半身を使った運動が効果的です。椅子に座ったり・立ったりを繰り返すなどのスクワット運動や、ウォーキングなどがオススメです。

主婦の人は、家事は意外と運動量があるのでダイエットにも良いという可能性はあります。

家の中でも、いろいろな形で運動が出来ます。無理せずダイエットにもなれば、洋服などもサイズダウンになるので嬉しいという事は考えられます。

マッサージ

筋肉を動かす事で、活性化させる事が出来ます。手足の先が冷えると感じる人は、手や足の指を意識的に動かしてみるなど習慣化することで効果に繋がるという可能性はあります。

冷え性の人は、食事での対策方法はある?

バランスの良い食事を摂取して、体を温める食材を積極的に摂ると良い可能性はあります。

冷え性を改善する為には、1日3回の栄養バランスの整った食事が必要です。

カロリーを摂取する事で、熱を作り出す筋肉を動かします。また、内臓も活発に動くので内蔵の温度が上がります。

朝食は1日の始まりとして必要な食事の為、朝と昼を一緒に摂取する食事を繰り返すと低栄養になる可能性もあります。

毎食、体を温める食事をして暖かくて消化の良いものを心掛けるようにすると良いということは考えられます。

肉類

鶏肉や、鶏レバー・豚レバー・羊肉・鹿肉等です。肉等は体を温める効果があり、筋肉を作る熱源ともなっています。血行を促進したりと、様々な効果があります。

魚介類

あなごやイワシ、エビ・干しエビ・カツオ・鮭・ちりめんじゃこ・明太子等です。新陳代謝を高めたりする等の、効果がある可能性があります。

野菜・果物

人参や玉葱、カブ・カボチャ・グリーンアスパラガス・あんず・ザクロ等です。根菜類や、赤や黒等の暖色の野菜や果物がオススメです。

アーモンド等のナッツ類は、末梢血管を広げて血液循環を良くする働きがある可能性はあります。

飲み物

紅茶やほうじ茶、中国茶等がオススメです。黒砂糖と一緒に頂くと、さらに効果的ということは考えられます。

また「生姜紅茶」は、冷えを撃退する万能薬です。生姜に含まれる「ジンゲロール」という成分は温めることで「ショウガオール」に変わります。

冷えた体を、深部から温めて血流が良くなります。紅茶との相乗効果で、免疫力が増してコレステロールの改善等の幅広い働きを発揮する可能性があります。

created by Rinker
名糖産業
¥759 (2020/10/30 08:20:05時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

冷え性で悩んでいる人は沢山いますが、もちろん全ての女性が冷え性だというわけではないです。でも、男性に比べて女性が多いという可能性はあります。

冷え性で悩んでいる人は、いろいろな改善方法があります。どれも家庭で出来るようなものが多く、1つずつじっくりゆっくり出来るので嬉しいです。試しに実行してみるのは、良いという可能性はあります。

食事も、気を付けながら作ると良いです。仕事などで忙しい人は、これを機会に1日3食きちんと食事をして栄養をしっかり摂取すると良いです。

冷え性にならない様に、自分が出来ることを心掛けるようにすると良いということは考えられます。