最近よく聞かれる言葉が、ゲリラ豪雨です。

今では、どの地方もゲリラ豪雨が起こるようになりました。

そして、ゲリラ豪雨は突然起こるので、備えることが難しくなります。

68e455d080c7fcd3f6f93d63f68e31c8_s_071917_124948_PM

ゲリラ豪雨により、洗濯物が濡れてしまったことがある人も多くいるのではないでしょうか。

また、ニュースではゲリラ豪雨により、被害が拡大する様子を見かけることが多くなっています。

自然災害になりますが、恐ろしい威力も持つゲリラ豪雨についての知識を得て、少しでも備えることができるようにしたいと思います。

ゲリラ豪雨とは

ゲリラ豪雨とは、非常に狭い範囲で集中的に雨が降ることを言います。

雨が降る時間は少ないのですが、雨の量はとても多いのが特徴です。そのため、同じ場所に集中的に降ると、大きな災害に繋がります。

最近の日本でのゲリラ豪雨は、地球温暖化により、雨の振り方が変化していることが原因ではないかと言われています。

それと同時に、都市型のヒートアイランド現象も絡んできます。ヒートアイランド現象が都市型なのは、都市部の気温が他に比べて高温になることで起こりやすくなります。

ゲリラ豪雨による集中豪雨は、年々増えています。そのため、ニュースで見る頻度が高くなっています。

スポンサーリンク

ゲリラ豪雨に伴う雷

ゲリラ豪雨は、集中豪雨だけではありません。

ゲリラ豪雨と共に、落雷の事故も増えています。

雷は、普通でも停電や落雷の危険性があります。

それが最近では、ゲリラ豪雨と一緒になることで、大規模な停電が起こり、木が燃えるなどの被害が出るケースが多くなっています。

雷対策などは、ニュースでもよく取り上げられるので、知っている人は多くなっていると思います。

また現在は、雷雲の接近を知らせてくれるアプリもあります。地域や現在地を設定できるので、雷を予測できます。さらに、雨雲の様子や、雷の発生箇所と今後の雷の予測なども見ることができます。このようなアプリが、あることで雷対策ができるようになっています。

ゲリラ豪雨発生の季節

ゲリラ豪雨が起こりやすい時期は、梅雨~夏にかけてと、秋~台風シーズンまでの2回になります。

この時期は、ゲリラ豪雨の発生を引き起こす要因の「ヒートアイランド現象」が、起きやすい要素があるためです。

夏の晴天時には、南からの湿った暖かい空気が流れやすく、雲ができやすい状態になります。

そして、よく耳にする言葉ですが、上空に冷たい空気が流れやすくなります。これからのことから、ゲリラ豪雨になる積乱雲が発生します。

ゲリラ豪雨は、最近、季節に関係ないようにあると感じられますが、梅雨~夏、秋~台風シーズンは気温が高い傾向があります。

そのため、ゲリラ豪雨による被害が大きくなるとも言われています。

最後に

ゲリラ豪雨による被害は、年々ひどくなっています。

そのため、ゲリラ豪雨が来ることを予想できて、対処法を学んでいても、自然の力にはかなわないことが多く感じられます。

ゲリラ豪雨について、これからは子供がいる家庭は、子供にもよく教えることが重要になります。

ゲリラ豪雨による、被害が少なくなることを願ってしまいます。