日本犬と聞いてぱっと思い浮かぶのは、柴犬や秋田犬でしょうか?

日本犬にはいくつもの犬種がありますが、その中には「甲斐犬」という犬種もあるんですよ。

7679ba0038ab7fbab2db82d63be6d0e2_s_062718_111049_PM

見た目のインパクトや、その忠実な性格が人気を集めています。

それでは、そんな甲斐犬の特徴についてご紹介していきます!

甲斐犬って、どんな犬?

甲斐(今の山梨県)原産の犬で、体重が13~18kg、体高が40~50cmの中型犬です。

昔は、鹿型犬と猪型犬がいましたが、今は鹿型犬だけになっています。

特徴的な毛色は、黒虎毛、中虎毛、赤虎毛に分かれていて、別名「虎毛犬」とも呼ばれています。

これらの色は、山の中で保護色となるために狩りをするのに適しているのです。

スポンサーリンク

どんな性格をしているの?

甲斐犬の一番の特徴は、その忠誠心です。

昔、狩猟や番犬として飼われていた時代は、一生飼い主だけに忠誠を尽くす犬、と言われていました。

ですが現在のペットブームで愛玩犬として育てられるようになり、他の人にも心を許すようになってきました。

いろいろな人と触れ合う中で、温和で優しい性格が浮かびあがって来ています。

犬同士でもうまく接することが出来るので、トラブルが少ないでしょう。

甲斐犬の特徴として、頭の良さが挙げられます。

教えたことをよく理解し、訓練次第では抜群の吸収力を発揮してくれるでしょう。

甲斐犬を飼う時のポイント

甲斐犬は頭が良いので、いけない事をしたらきちんと叱れば覚えてくれます。

また、リーダーが誰なのかを教えておくのも重要!

叱るタイミングには配慮が必要です。

タイミングが遅ければ犬に伝わりませんし、いつまでも叱り続けていたり、キツく叱り過ぎたりするのもNG。

逆に、良い事をしたら、大袈裟なくらい褒めてあげましょう!

狩猟犬である甲斐犬は、体力がかなりあります。

ですから、毎日の散歩は十分におこなう必要があるでしょう。

それ以外にも、休日にドッグランに行ってみたりして、体力発散をさせてあげましょう。

ですから、甲斐犬を飼うには、飼い主も体力が必要となります。

甲斐犬は体力がある上に身軽ですので、高い壁でもよじ登ります。

2m程度のフェンスでは、よじ登って脱走してしまいます。

事故やトラブルの原因になりますのんで、甲斐犬を飼うならばそれ以上の高さのフェンスが必要となります。

抜け毛については、殆ど気にしなくて大丈夫です。

定期的にブラッシングをしていればOK。

病気になりにくい

いろいろな犬種との交配によって生まれた甲斐犬ですので、遺伝子疾患が少ないそうです。

ですから、病気知らずの犬とも言われるほど丈夫。

平気寿命は12~16歳と、比較的高めになっています。

最後に

日本犬である甲斐犬についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

ワイルドで強そうな外見と同じく、あり余る体力と身体能力の持ち主です!

そして、とても頭が良いのも大きな特徴。

温和な性格や、比較的病気になりにくいというのも魅力ですね。

甲斐犬の魅力を知ってしまうと、もう他の犬は飼えなくなるとも言われています。

ただし、十分な散歩が必要となりますので、体力がある人におすすめの犬種と言えますね。