シマリスは昔からペットとして、人間に飼育されてきました。

見た目がとても可愛らしく、子供向けの絵本や物語にも多く登場しますね。

森の動物と言ったら、リスを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

bed228cf09bc02f4b1a4fe3ca4f755a0_s_012719_094128_PM

そんなシマリスを飼ってみたいと思っている方、飼育を始める前にシマリスについて少し説明いたしますね。

どんな特徴を持つ動物なのか、また飼育に必要な道具などをご紹介いたします。

シマリスの特徴

見た目の特徴は、背中にある縞模様と大きくフサフサした尻尾です。

体重約110g、体長約13cm、尻尾の長さ約11cm。

寿命は6~8年くらいです。個体差が大きく、10年以上生きることもあります。

繁殖期になると気が荒々しくなったりするので、飼い主さんは驚くかも知れません。

その時期特有のものですので、あまり気にせずそっとしておくのが良いでしょう。

リマリスを飼育するかどうか考えている人にとって、気になるのは懐くかどうかですよね。

シマリスのような小動物は、基本的に臆病で神経質です。ちょっとした事がストレスになるのです。

そういった性質を理解しつつ、穏やかにストレスを与えない生活を続けていくことが大切です。

そして、赤ちゃんの頃から飼育をすることにより、人間に懐きやすくなります。

大人になってからでは、懐かせるのは難しいでしょう。

飼育に必要な道具

シマリスを飼育するには、どういった道具が必要か挙げていきます。

ケージ

飼育するためのケージは、運動が大好きなシマリスのために大きなものを用意しましょう。

リスはよく齧るので、プラスチックは避けましょう。

赤ちゃんリスの場合は、プラケースで飼育を始めましょう。

巣箱

安心して眠れる場所として、木や藁で出来た巣箱を用意してあげましょう。

床材

新聞紙を細かくちぎったものでOK!なければ、ペットショップで購入できます。巣箱にも入れてあげましょう。

回し車

運動不足にさせないために、回し車を用意してあげてください。体が小さいうちはハムスター用で代用出来ますが、大きめで回しやすい物が良いです。

エサ皿、給水ボトル

金属や陶器で出来たお皿が良いです。お水は、ケージに固定するボトルタイプが良いでしょう。

毎日新鮮なお水に取り替えてあげてください。

歯の伸び過ぎを防ぐために、齧り木が必要です。また、運動のための登り木も用意しましょう。

トイレ

基本的にトイレのしつけは出来ないです。

もし決まった場所にする様子でしたら、その辺りにトイレを設置してみても良いでしょう。

掃除はこまめにしましょう

シマリスは食べ物を残しておく習性があります。水分がある野菜類などは、残しておくと傷みますから取り出しましょう。巣箱にギュウギュウに食べ物を詰め込む場合がありますが、寝る場所がない状態でしたら少し取り出しましょう。

最後に

見た目の可愛らしさで人気のある、シマリス。

大人になってから懐かせるのは大変ですが、赤ちゃんの頃から育てれば人間に懐いてくれますよ。

赤ちゃんリスは体温調節や餌など、お世話することがとても多いですが、それだけに絆が深まり良い関係になれます。

リスを飼育する道具はペットショップやネット通販で揃いますよ。

もし飼ってみたいと思ったら、是非参考にしてみてくださいね。