食虫植物と言えば、ウツボカズラを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

消化液の入った袋の中に、虫を落とし込む仕組みが有名ですよね。

今回ご紹介するセファロタスという食虫植物は、見掛けはウツボカズラに似ています。

127d89af36f70f63993c2ea87f81ec77_s_051319_084139_PM

ですが、分類的には違う仲間なのです。

今回は、小さく可愛らしいセファロタスについて、その特徴と栽培方法をご紹介いたします。

セファロタスって、どんな食虫植物なの?

セファロタス科セファロタス属に分類されています。

セファロタスは、学名をCephalotus follicularis(セファロタス・フォリキュラリス)と言います。

和名では、フクロユキノシタと呼ばれています。

オーストラリアの固有種であり、ウツボカズラに似た捕虫袋を持っているのが特徴です、。

日当たりを好み、海辺の斜面に自生しています。

袋の中に雨が入らないように、大きめの蓋が付いています。

これにより、消化液が薄くなるのを防いでいます。

5℃以下でも40℃以上でも大丈夫なくらい、気温には適応します。

ですが、湿度には弱いです。

風通しの良い場所を好むので、栽培する場合は温室に入れない方が良く育ちます。

ですが温室で栽培されていたセファロタスを入手した場合は、いきなり温室から出すのは危険です。

時間をかけて部屋の湿度に慣らす必要があります。

セファロタスの栽培方法

とても丈夫な植物ですので、初心者でも育てる事が出来ます。

温度の上下にも適応してくれますし、水の遣り忘れで用土が多少乾燥するくらいでは枯れません。

また、光の弱い場所でも育つことが出来ます。

用土は、ミズゴケがおすすめです。

大きな鉢で栽培する場合には、パーライトなどを使って水はけを良くしましょう。

地下部の通気性を良くする事が大切です。

腰水にする場合は、深めの鉢を使用して底に軽石を敷くようにしましょう。

蛍光灯の光だけでも育ちます。気温が低下してくると、紅葉を楽しむ事も出来ますよ。

最後に

オーストラリアの固有種である、セファロタス・フォリキュラリスは、捕虫袋を持つ食虫植物。

小さくコロコロとした袋が可愛らしく、女性にも人気の食虫植物です。

光量が少なくても育ち、低温や高温にも適応してくれるのが特徴です。

風通しを良くし、鉢の中が蒸れないように気を付けていれば、比較的簡単に栽培出来るでしょう。

秋には葉が美しく色づき、紅葉を楽しむ事も出来ますよ。