プリプリした葉っぱが特徴的なセダムは、見た目の可愛らしさから人気の高い多肉植物です。

日本には30種類以上もあるセダムは、とても丈夫でよく増えます。

843fc5dfb771904391ad736c8517f2ce_s_052219_110603_AM

初心者さんにも育てる楽しみや増やす楽しみを味わえる、おすすめの多肉植物ですよ。

ここでは、セダムの特徴や育て方をご紹介いたします。

セダムって、どんな多肉植物なの?

セダムの語源は、ラテン語のsedreで座るという意味があります。

セダムが岩石や壁にくっつくように生息する姿から、このような名前が付けられたのだそうです。

全部で500種類以上もあるセダムは、多肉植物の中でもダントツの種類の多さ!

日本だけ出も30種類以上あるそうです。

セダムは、ベンケイソウ科に分類されています。

少しのスペースでも根を張る事が出来、逞しく生育します。

温暖地系や寒冷地系の品種に分かれており、種類によって適した気温などが違ってきます。

大抵の種類は、初夏に花を咲かせます。

セダムを育てるポイント

セダムは日光が大好きですので、日当たりの良い場所に置きましょう。

また、蒸れに弱いので用土は水はけの良い物を用意します。

乾燥には強いのですが、蒸れると根腐れを起こして枯れてしまいます。

そのため、水のやり過ぎには特に注意して下さいね。

土が乾燥したのを確認してから、鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりとあげます。

地植えでしたら、水やりをしなくても雨水で生きていけるでしょう。

セダムには、横に広がるように伸びるタイプがあります。

このタイプは鉢が蒸れやすいので、混みあって来たらたまにカットしてあげましょう。

セダムは屋上のグランドカバーにピッタリ!

屋上に植える植物として、セダムがよく使われています。

乾燥に強いことと、少しの土壌でも生育できる逞しさ、そして軽量であること。

これらの要素が、屋上という場所に適しているのです。

繁殖力旺盛で丈夫なセダムは、コストにおいてもメンテナンスにおいても、とても気軽に扱えます。

また、庭の空いたスペースに植えてみるのも良いでしょう。

もし後から違う植物に植え替えたくなっても、根が深くないので簡単に抜くことが出来ますよ。

最後に

乾燥に強く丈夫でよく増え、見た目も美しいセダムは、人気の多肉植物です。

特にグランドカバーとして優秀で、屋上の緑化用植物として利用される事が多いです。

根が深くないので、違う植物を植えたい場合には簡単に移動させる事も出来ます。

植物を育てるのが苦手という人でも、簡単に増やすことが出来るので初心者さんにもおすすめ!

ただ、お世話のし過ぎで枯らしてしまう人が多いようです。

水は土が乾いてから与えるようにすれば、大丈夫ですよ。