金魚の品種改良はどんどん進み、現在ではとてもたくさんの品種があります。

そんな中に、アメリカ産の金魚であるコメットという金魚がいます。

コメットはとてもシンプルな体つきをしており、大きな尾びれが印象的な金魚。

ce7b05e60a0f452e1905e68e1c796aae_s_030619_012636_AM

体が丈夫なので、初心者が飼育するのに向いていますよ。

今回は、そんなコメットの特徴や性格についてお話をしていきます。

コメットって、どんな金魚なの?

コメットはアメリカ原産の金魚です。

日本からアメリカに輸出された琉金が、和金と交配されて生まれたのがコメットです。

アメリカで作られた後、日本に輸入されてきました。

体の大きさは、なんと30cmくらいにまで成長します。その成長スピードも速いです。

寿命は15~20年です。

外見的な特徴は、何と言っても美しい尾びれです。

琉金と和金の特徴を受け継いでおり、「吹き流し尾」と呼ばれています。

飼育する時の注意点

コメットはとても丈夫で寿命も長く、初心者でも飼育しやすい金魚です。

ですがやはり、気をつけなくてはいけないポイントはあります。

水槽

30cmにまで成長するので、60cm以上のサイズがおすすめです。

あまり小さい水槽ですと、金魚にもストレスがかかって病気になるリスクが高まります。

60cmサイズでしたら、コメットを3~4匹程度が良いでしょう。

これにレイアウトの小物を少し置けば、丁度良いスペースと言えるでしょう。

人工餌でも問題なく食べてくれます。

いつまでも綺麗な色を保ちたかったら、色あげ成分が入っているものを選ぶと良いでしょう。

餌は、あげた分だけ食べてしまうので、あげ過ぎは肥満につながります。

また、水質悪化も招くので、2~3分で食べきる量を与えましょう。

混泳

混泳させる金魚には、泳ぎが早い種類を選びましょう。

泳ぎが遅い金魚と混泳させると、コメットに攻撃される可能性があるのです。

大きさにも注意が必要!

コメットの口に入るサイズだと、食べられてしまいますよ。

最後に

金魚すくいなどでも見掛けることのあるコメットについて、特徴や飼育する際の注意点をご紹介しました。

コメットは琉金と和金を交配させたもので、すっきりした体つきと吹き流しの尾びれが特徴の、泳ぎの速い金魚です。

ですから、混泳させる場合には、同じように泳ぎの速い金魚を選ぶようにしましょう。

また、30cmくらいまで成長するので、大きめの水槽を用意するようにしましょう。