1H.Hlidays_121816_075711_PM

この前、下の記事で、アメリカでのクリスマスツリーやクリスマスカードに関してご紹介しました。

2017年、アメリカでのクリスマスの過ごし方!クリスマスツリー・クリスマスカード編 | さっちがジャーナル

今回は、引き続き続きアメリカのクリスマスについて紹介で、プレゼントとディナーに関してご紹介します。

プレゼント

クリスマスプレゼントを贈る習慣は日本でも同じですが、ちょっとした違いがあります。

スポンサーリンク
プレゼントのラッピングは、自分でしなければいけません。

日本のようにプレゼント用にしてください、と定員さんに伝えるとものの数分できれいにラッピングしてくれ、かわいいリボンまで付けてくれたりします。

2Present_121816_075806_PM

しかし、アメリカでは包装紙やリボンテープなどは自分で購入し、自分でラッピングをします。毎年違う柄の包装紙を買うので、年々包装紙が増えていくのはアメリカの家庭のクリスマスあるあるです。

3pre&tree_121816_075848_PM

ラッピングされたプレゼントはツリーの下に置かれ、25日の朝に開けるのが子どもたちにとっては1番の楽しみです。

クリスマスの食べ物

実はクリスマスには伝統的な食事は特にないようです。

サンクスギビングデーと同じようなターキーやローストビーフ、マッシュポテト、パンプキンパイ、また、ハムもよく食卓に並びます。(サンドウィッチにはさむようなものではなく、大きな塊ハム) 家族揃って25日にご馳走を食べるのが習慣となっています。

4Ham_121816_080013_PM

アメリカからするとクリスマスにケンタッキーフライドチキンを食べる日本人は「変わっている」のだそう。

また、クリスマスケーキも日本独自の文化のようです。

スポンジケーキにたっぷりの生クリームやチョコクリーム、そしてサンタやトナカイの砂糖菓子という日本では定番のケーキや、1ヶ月も前からクリスマスケーキの予約をする、といった習慣はアメリカでは見かけません。

ちょっと変わったクリスマスの楽しみ方

ジングルビアーズ(Jingle Beards)

密かなブームを起こしているのが、ジングルビアーズです。

Beardとはあごひげのことで、ジングルビアーズとはあごひげにクリスマスのオーナメントを飾ることです。このひげ用のオーナメント、売り切れ続出だとか。日本では仕事の関係上、オーナメントを飾れるほど立派なあごひげを伸ばすことは難しいので、フェイクのひげにデコレーションするといいかも知れません。

なんともアメリカらしいクリスマスの楽しみ方です。

3Dアグリー クリスマス セーター (3D Ugly Christmas Sweaters)

数年前からなぜか人気のダサいクリスマスセーター。

今では3Dとなりダサさが毎年バージョンアップしています。

胸からトナカイの頭から前足が飛び出し、背中には後ろ足からシッポ。雪だるまとイルミネーションを縫い付けたものまで。家族や友人達とにぎやかなクリスマスを過ごすのに盛り上がりそうでいいですね。

彼とロマンティックなクリスマスを過ごしたい方にはおすすめできません。

最後に

日本とアメリカのクリスマスにはたくさん違いがあるものの、クリスマスシーズンを楽しもうとすることに変わりはないようです。

Have a Happy Holiday!