女性なら、肌を気にする人は多いです。

また人によって肌質が違うので、敏感肌の人・乾燥肌の人もいます。

乾燥肌の人は、常に気にしている可能性はあります。

fd30b3aab7bcca5c13adb567ee7f0ac7_s_090218_010000_PM

乾燥肌は、加齢やダイエットなどの偏った食生活や不規則な生活習慣により肌が乱れることにより乾燥した状態になります。

乾燥肌の人が、どのようにすれば良いか対策の方法をまとめてみました。

洗顔方法のやり方については?

乾燥肌なので、やはり保湿が1番と思う人が多いです。でも洗顔をしっかりしないといけないということも考えられます。

洗顔はメイクなども落としますが、肌の潤いを保っている「皮脂」なども洗い流します。

その為洗顔する時は、必要以上の力を入れずゆっくりと・でもしっかり洗い流すと良い可能性はあります。

そして「すすぐ」ときには、注意が必要です。寒い季節には、熱いお湯を使いたくなります。でも、熱いお湯を使う時も「皮脂」が洗い流してしまいます。

でも人肌程度のぬるま湯で、「すすぐ」と良いという事は考えられます。

「ぬるま湯でこする」という事ではなく、顔にかけるような感じで全体をすすぎます。

回数は、20回~30回くらいにすすぐのがオススメです。

そして洗う時には、順番があります。

Tゾーン

皮脂の多い額から鼻にかけて泡をのせて、指の腹で泡を転がします。

頬に泡をのばして、優しく泡で包み込むように洗います。

目元や口元

目元や口元の順番に泡をのばして、泡で包み込むような感じで優しく洗います。

乾燥肌にならない為には、洗顔なども温度や洗う順番・洗い方などを気にしながら行うと良いということも考えられます。

長い間自分のやり易い方法でしてきた人が多いので、すぐに直すのは難しい可能性はあります。でも乾燥肌にならないようにする為には、少しずつやり方を変えていくというのも良いです。

スポンサーリンク

食生活に気を付ける?

乾燥肌にならない為に潤いのある肌として、肌の水分量を高める可能性はあります。

その為には、乾燥肌を改善する食事を摂ることを心掛けるということは必要です。

タンパク質

アミノ酸を含む、肉や卵などの良質なタンパク質を摂取します。

またタンパク質はコラーゲンの元となり、不足すると肌のツヤやハリもなくなります。

ビタミンE

血行促進や肌のバリア機能の強化など、乾燥肌には良いです。血流改善効果により、細胞の新陳代謝が活性化されるので皮膚のカサつきが改善されます。

肌に、ハリやツヤの効果が出るということは考えられます。

またバリア機能の強化により、紫外線などから肌を守り健やかな肌へと導きます。

ビタミンC

体内の活性酸素を分解して肌へのダメージを防ぎ、お肌の弾力を担うコラーゲンの生成を助けて肌のターンオーバーを整えてくれます。

乾燥肌にならない為には、たくさんの食事を摂ることが必要だという事です。でも全部摂ることも、難しいという可能性はあります。

最初から全てを摂ろうとすると、嫌になるということは考えられます。

計画を立てて、少しずつ摂り乾燥肌をなくしていくと良いです。

入浴の方法は?

乾燥肌の原因の1つとして「肌がかゆくなる」ことがあり、それは空気が乾燥している事が挙げられています。

その為には、皮膚の保湿成分を保つことが大事だという可能性はあります。

保つ為には入浴が良いのですが、対策として入浴方法を考えると良いです。

湯船に浸かる

お風呂に入るなら、湯船にきちんと浸かるのがオススメです。

湯船に浸かることで、体を芯から温めて冷え予防・血行促進・新陳代謝を高めることができます。

熱いシャワーだけで、済ませてしまう人は要注意です。

熱いお湯は乾くのが早く、お湯が乾くときにお肌の水分も乾燥します。

熱いシャワーだけで、サッと済ませる人は1番乾燥するということは考えられます。

ぬるめのお湯に浸かる

湯船に浸かるときは、熱いお湯ではなくぬるめのお湯に10分以上浸かることが重要となります。ぬるいお湯に10分以上浸かると、体の汚れがほとんど取れます。

そして、体を洗う時にそんなにゴシゴシ擦るということは必要がないという可能性はあります。また、洗い方はさっとするだけでも乾燥肌対策になります。

他には、保湿成分の入った入浴剤を使うのもオススメです。

お風呂には、大体の人が入ります。でも乾燥肌を気を付ける為に、入浴方法を見直すというのは意外なところです。特に季節でいうと、夏はシャワーで済ます人は多いということは考えられます。

暑くても湯船に浸かると良いですし、またあまり熱すぎるのもいけないので温度も考えると良いです。乾燥肌が気になる人は、お風呂に入る時に気にしながら入ると良いということは考えられます。

睡眠をきちんと取る

仕事などで忙しい人は、睡眠不足になっていませんか?

乾燥肌に、睡眠不足が関係しているようです。それは、睡眠中に成長ホルモンの分泌が減ることにより肌に大きな影響が現れる可能性があります。

睡眠時間

睡眠時間は、一般的に8時間が良いと言われます。でも個人差があるので、一般的な時間より少ない時間や多い時間が良い人もいる可能性もあります。

お肌にとって、22時~2時の時間は質の高い睡眠を取ると分泌が多くなります。

でも最近では、眠り始めの3~4時間の間に成長ホルモンの分泌が増えることが分かったと考えられます。忙しい人は、この時間に睡眠の質を高めると良いという可能性はあります。

寝る前のスマホやパソコンは使わない

寝る前のスマホやパソコンは、睡眠にいざなうメラトニンの分泌が抑えられます。

太陽光に含まれるブルーライトを、寝る前に見続けると眠りの妨げになります。

スマホやパソコンは、寝る前の1時間・2時間前には使わないようにすると良いということは考えられます。

乾燥肌に睡眠は必要で、生活習慣を見直すことは不可欠です。

ゆっくり睡眠を取ることで、寝ている間に肌も潤いをもたらす可能性もあります。

あまり睡眠を取っていない人も、これから気にしながら取る必要があるということは考えられます。

最後に

乾燥肌を気にしている人は多いですが、対策としていろいろと考えます。

対策は普段いつも行っている事をきちんと行い、自分の肌は自分で守ることです。

でもきちんとしている人はいると思いますが、おろそかにする人もいる可能性もあります。

洗顔や食生活や入浴は、肌に関係しているというのは納得できます。

でも、睡眠が関係しているというのは意外です。乾燥肌が良くなるなら、睡眠をしっかり取ることを心掛けたいです。

少しでも、おろそかにすると肌が乾燥することは考えられます。

そうならない為にも、普段の生活習慣を見直すということは必要です。