ココアには、どんな栄養があるんだろう?美容にも良いのかな?

甘くてほっこりする飲み物と言えば、ココアですよね。

ココア_071716_021157_AM

特に、ホットココアの甘いチョコレートの香りは、心を豊かにしてくれると思いませんか?

そんなココアには、きっと癒しだけではない、栄養価があると思いませんか?

今回はココアについてまとめてみました。

ココアの栄養価につて

ココアの原料は、チョコレートと同じカカオマスで、カカオマスから油脂を分離したものがココアで、油脂が多いとチョコレートになるのです。

ココアには、カルシウム等のミネラルが豊富で、メーカーによっては、ビタミンEが含まれている場合があります。

ココアの代表的な成分は、なんと言ってもポリフェノールで、様々な効能があります。

ポリフェノールには、炎症を抑える力がある為、傷を早く治したり、治りかけの傷が再び炎症することを防ぐ効果があり、さらには、原料のカカオには亜鉛が含まれていて、皮膚の再生に必要な元素、怪我等が早く治るとの報告があります。

また、生活習慣病の予防にも効果的なのです。

ココアに含まれるポリフェノールの一種プロシアニディンという成分は、血流を促進してくれる働きがあり動脈硬化を防いでくれます。

また、テオブロミンという成分もたっぷり含まれていて、中枢神経を刺激してくれ末梢神経を活性化させてくれるので、ストレスを防ぐ作用があります。

まだまだ、あります。ココアのポリフェノールとデオブロミンは、体に良いだけではなく、頭にも良いんですよ。

計算能力や、認知能力をアップさせてくれるのです。お子さんの勉強や、お年寄りの認知症予防にもなるんですね。

スポンサーリンク

ココアの美容効果について

ココアには、ごぼうよりも沢山の食物繊維が含まれているので、便秘予防にもなりダイエットにも効果的です。

ココアは、甘い飲み物というイメージで、ダイエットには向いてないと思いますよね。

確かに甘そうですが、ダイエットには、砂糖の入っていない製菓用にも使われる純ココアはいかがでしょうか?

甘みは自分で調節して、牛乳に入れて飲むだけでも満足だと思います。

また、抗酸化作用により、活性酸素が出るのを防いで、お肌のシミ、シワを予防しアンチエイジング効果も期待できますよ。

おすすめの飲み方

ココアは、他の飲み物よりも体を温めてくれる効果があります。

冬場はもちろんですが、夏場の冷房で冷えきった体にもやはりホットがより良いでしょう。

でも、暑い日は冷たい方が良いと言う場合は、アイスでも体を温めてくれる効果は、他の飲み物よりもあるのでぜひココアを試して下さいね。

作り方は、容器や袋に書いてある通りですが、やはり牛乳を混ぜた方がコクがあって美味しいですよね。

純ココアの場合は、フワフワしていて、中々溶けてくれないので、少量の熱湯で混ぜてからが良いでしょう。

後は、牛乳を入れて、電子レンジでチンで良いと思いますよ。

最後に

我が家の子供達は、真夏でも毎朝ホットココアを飲んでいます。

ただ単に好きなだけなんですが、改めてココアの栄養価を知り、引き続き飲ませてあげたいと思いました。

生活習慣病が気になる男性にもオススメなので、飲み物と言えばコーヒーや紅茶が一般的ではありますが、ぜひココアも選択肢の一つに加えて下さいね。