寒い季節になると飲みたくなるココア。

ココアはカカオが原料として使われていますが、カカオはもともと「神様の食べ物」と呼ばれていました。

ココア_103016_020726_PM

そのため、ココアは「神様の飲み物」と呼ばれています。

そんなココアですが、実はおいしいだけではなく、美容にも良い効果がたくさんあるんです。

ここでは、ココアを飲むことで得られる効果をご紹介いたします。

美肌・アンチエイジング

ココアには、ポリフェノールという成分が含まれています。

これは、植物の樹脂や種などに含まれており、苦み・渋みの成分となっています。

ポリフェノールは、紫外線から受けた肌ダメージを修復してくれます。

そのほかにも、抗酸化作用や血管を若々しくする作用があるため、アンチエイジングに有効です。

便秘を解消

便秘を放っておくと老廃物が体内に溜まり、その結果肌荒れやむくみといった症状を引き起こしてしまいます。

しかし、ココアには便秘を解消する効果があります。

これは、不溶性食物繊維であるリグニンのおかげです。

リグニンは、善玉菌を増やし、排便を促進してくれます。便秘解消のためにココアを飲む場合、朝食前に飲むのが効果的です。

スポンサーリンク

ダイエット

ココアは甘い飲み物なので、ダイエットにはふさわしくないイメージがあるかもしれません。

しかし、ココアには食欲を抑える働きがあります。

間食をしたくなったら、代わりにココアを飲んでみてはいかがでしょうか?また、夕食後にココアを飲むと、体脂肪の蓄積を防ぐ効果も得ることができます。

ただし、ココアをたくさん入れ過ぎたり、牛乳で割ったり、砂糖を加えたりすると、カロリーが跳ねあがってしまうため、ダイエットになりません。

量は小さじで山盛り2杯程度にとどめ、お湯で溶きましょう。お湯では物足りないという方は、豆乳で割ってもかまいません。

それから、ミルクココアはカロリーが高めなので、ピュアココアを選ぶようにしてください。

冷え性・むくみ改善

身体を温める食材といえば、生姜が有名です。

しかし、実はココアにも身体を温める効果があります。

これは、ココアに含まれるテオブロミンが、血管を拡張させることにより、血行を良くしてくれるからです。

しかも、生姜よりもココアのほうが身体を温める効果が長く持続すると言われています。

最後に

ココアが美容にすばらしい影響を及ぼすということが、おわかりいただけたと思います。

とはいえ、あまりたくさん飲み過ぎると太ってしまいますので、1日2杯までにとどめてください。

ココアを飲む習慣を身につけて、たくさんの美容効果を享受しましょう。