猫を飼っていると、家の中に猫用のトイレを設置する必要がありますよね。

すると、当然猫が用を足したらニオイが気になることでしょう。

それに加え、猫がトイレに入っていない時でも、いつでもニオイが気になるという人もいます。

713d949584b4bf1253c12ddf6e48c551_s_060318_104202_PM

特に来客がある時などは、臭いと思われないかどうかヒヤヒヤしてしまうようです。

そこで今回は、猫のトイレの臭い対策について、ご紹介していきます。

対策1. 排泄物をその都度片づける

これは家に居る時間が長い人じゃないと難しいのですが、猫がトイレに入った後はすぐに排泄物を片づけるのです。

しばらくはニオイが残るでしょうが、家中に充満してしまうことは防げます。

また、トイレをいつも清潔に保っていられるので、猫が粗相するのも防げますよ。

猫はトイレが汚いと、別の場所で用を足そうとしちゃうんです。

スポンサードリンク

対策2. 定期的に丸洗いする

毎日のトイレ掃除では、排泄物を取り除いてトイレ砂を補充していると思います。

それに加えて、月に1度程度で良いので、トイレ全部を丸ごと洗浄しましょう。

私は洗剤を使わず、ぬるま湯や水で洗うだけです。

スポンジで軽くこすれば、1カ月程度の汚れなら綺麗に取れますよ。

もし洗剤を使うとしたら、すすぎを十分に行う必要がありますね。

猫が舐めても安全なようにしておきましょう。

臭い対策にはシステムトイレが有効

我が家の猫達は、システムトイレを使っています。

他にもいろいろなトイレ砂を試してきて、今のタイプに落ち着いたんです。

システムトイレというのは、猫砂の下にすのこがあり、その下にトレーがある作りになっています。

濡れた猫砂はボロボロに崩れ、すのこを通過して下のトレーにたまるという仕組み。

おしっこをすると勝手に崩れていきますので、いちいち砂を取りだす必要はありません。

猫が足でひっかいた振動で、すのこの下に落ちていきます。

落ち切らない分は、飼い主がスコップで書き混ぜることで、簡単に落とせます。

うちのトイレはニャンとも清潔トイレのフード無しタイプですが、これのシートは使うのをやめました。

3匹もいると頻繁に取り替える必要がありますし、時間経つとやはり臭います。

安いペットシーツで代用すれば、毎日取り替えても金銭的に負担になりません。

システムトイレに使う猫砂は、おしっこを吸収しない物にしましょう。

うちで今使っているのは、木製ペレットです。

消臭効果が抜群で、ニオイが全然しません。

ほかにも、いろいろな商品がありますので、金額と相談して探してみましょう。

最後に

猫のトイレの臭い対策についてお話をしましたが、いかがでしたか?

仕事で外にいる時間が長い場合は、いちいち排泄物を片づける事など無理ですよね。

そういった場合は、トイレをシステムトイレに変えるだけでも効果がありそうです。

また、定期的にトイレの丸ごと洗浄も効果的ですよ。

猫を飼っていても、なるべくトイレのニオイを感じないような、みんなが気持ち良く過ごせる空間を作っていきたいですね。