猫が水を苦手としているのは、猫を飼っていればよく分かりますよね。

我が家の猫達も、本当に水に濡れる事が嫌いです。

そんな猫にシャンプーをするとなると、ひと騒動となることが想像できます。

eb01c4dbad3fbbe9b504e6390fe636d9_s_060318_025918_PM

シャンプーをさせてくれない猫を、うまく洗うためにはどうしたら良いでしょうか?

そもそも、猫にシャンプーは必要なのでしょうか?

今回はその辺りについて探っていきたいと思います。

猫が水を嫌う理由

猫って本当に水が苦手ですよね。

大人しくシャンプーをさせてくれない事が多いでしょう。

でも、それは仕方のない事なのです。

猫が水を嫌がるには、ちゃんと理由があるのです。

猫の祖先であるリビアヤマネコは、砂漠で暮らしていました。

砂漠では昼と夜の寒暖差が激しく、体が濡れた状態で夜を過ごすことは死につながるのです。

ですから猫にとって、体が濡れるということは避けなければいけないことなのです。

シャンプーの時に必死で抵抗するのは、このためです。

ちなみに犬の場合は、体が濡れてもブルブルッと身震いすることで、ある程度の水分が飛んでいきます。

でも猫はそれが出来ないのです。

猫の毛の油分はとても少なく、水を弾くことが出来ません。

まさに、ずぶ濡れ状態となってしまうのです。

一度濡れると長時間乾かないので、猫にとっては本当に大変なことなのです。

スポンサードリンク

猫にシャンプーは必要?

基本的に、猫にシャンプーする必要はありません。

猫は体が汚れていたら自分で舐め取り、常に清潔にしています。

体が濡れて体温が奪われるのは危険な状態ですので、そうならないような生活をしているのです。

ですから、強いストレスを与えてまで、無理に洗う必要はないのです。

ただし、ノミがいる場合や外で泥んこになって来た場合、長毛種の場合など、例外としてシャンプーが必要な猫もいます。

上手なシャンプーの方法

ポイントは、いかに手早く終わらせるかということです!

準備はしっかりと整えて、手順の確認もしてからシャンプーを始めましょう。

ぬるま湯をたらいに入れたら、猫を体ごと入れます。

空のたらいに入れて、少しずつお湯を入れていくのも良いでしょう。

シャンプーは、首からお尻に向かってしていきましょう。

顔は絶対にシャンプーしないでください。お湯で拭くだけにしましょう。

すすぎは、首から下をシャワーで念入りにおこないます。十分でないと皮膚炎になります。

乾かす時は、大きいタオルで全身を拭きましょう。その後、小さいタオルで顔など細かい部分を拭いていきます。

最後にドライヤーをかけますが、ペット用の静かなドライヤーがおすすめです。

表面の汚れを取るだけなら、ウェットシートで拭き取るタイプの商品がオススメです。

最後に

猫のシャンプー嫌いは、本能的なものですから仕方のないことです。

でも、ノミが発生した場合や、外でひどく汚れて来た場合、長毛種や老猫など毛づくろいが十分に出来ない猫には必要となります。

その時には、出来る限り手早く済ませるように頑張りましょう!

ちなみに我が家の猫達はシャンプーしたことがありませんが、皮膚病になった事は一度もありません。

むしろ、シャンプーが原因で皮膚病になるという話を聞くくらいですので、洗った後のすすぎは念入りにおこなってくださいね。