鮮やかな色彩と大きな花で、パッと目を引くハイビスカス。

自分の家でハイビスカスを育てれば、日本に居ながらトロピカル気分が味わえますよ。

暑苦しい夏も、ハイビスカスを見ていると元気が出てきます。

47cd5e1ab9791d0ac7b9606863ac81b6_s_060619_065022_PM

ハワイの州花でもあるハイビスカスを、あなたも育ててみませんか?

ここでは、ハイビスカスの栽培方法をご紹介いたします。

ハイビスカスの栽培に必要なもの

ハイビスカスは、苗から鉢植えの状態で購入することをおすすめします。

園芸店の他にも、ホームセンターで売られていたりします。

沖縄では庭に植える人も多いですが、その他の地域では鉢植えが一般的でしょう。

苗、鉢やプランター、土、肥料

土は、水はけの良いものを選びましょう。

おすすめは、赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜたものです。

肥料は多めが良いでしょう。緩効性の固形肥料を使うと良いでしょう。

ハイビスカスを育てるポイントは何?

ハイビスカスを育てる上で、気を付けることを挙げていきます。

環境

日光が大好きな植物ですから、日当たりが良い場所に置きましょう。

ただし、夏の猛暑に弱いので、35℃以上が続く時には対策が必要です。

明るい半日陰に移動させたり、午前中だけ日が当たる場所にしたりしましょう。

水やりのタイミング

水切れに弱いので、土が乾いたらたっぷり水やりをしましょう。

夏は1日2回、冬は逆に乾かし気味が良いでしょう。

肥料

ハイビスカスは、肥料を多めにあげた方がよく育ちます。

春から秋まで、緩効性の肥料を使いましょう。

花がよく咲く時期には、液体肥料も与えると良いでしょう。

冬になったら、肥料は控えるようにしましょう。

購入したらすぐに植え替える

ハイビスカスの苗を買ったら、すぐに植え替えましょう。

根の成長が速いハイビスカスですから、根詰まりを起こしやすいのです。

1まわりか2まわり大きな鉢に植え替えてあげましょう。

その後は、1~2年ごとに植え替えると良いでしょう。

冬の管理

冬は、室内に取りこみ窓辺で管理しましょう。

夜は窓辺だと寒いので、部屋の中央に移動させると良いでしょう。

剪定方法

ハイビスカスは、夏の間に枝が込み入ってくる事があります。

その場合、伸び過ぎてる枝を付け根から切りましょう。

調子が悪い枝があったら、それもカットします。

ただし、全部の枝を一度に短くするのはNG!

花が咲きにくくなります。

冬の前には、強めに剪定します。

全体の1/2~1/3を残して、カットしましょう。

最後に

トロピカル気分を味わえるハイビスカスを、自宅で栽培出来たら素敵ですよね。

品種が多いですし、園芸店やホームセンターで手軽に苗を入手出来るのも魅力です。

肥料を多めにしたり、冬の寒さに気を付けるなどすれば、比較的簡単に栽培出来ますよ。

ハイビスカスを育てたくなったら、是非参考にしてみてくださいね。

暑い夏も、カラフルな花を見て乗り切れることでしょう。