犬って、散歩中に草むらに入ったり、土の上で転がったり、何かと体が汚れますよね。

あまりにも汚れが酷いとシャンプーをすると思います。

中には、少しでも汚れると、その度に頻繁にシャンプーをしている飼い主さんもいるようです。

ec21e197b20cd6ad16ca8bd2d04f5b96_s_060618_120923_AM

犬にシャンプーをする頻度って、そんなに多くても大丈夫なのでしょうか?

今回は、犬のシャンプーの必要性や頻度について、探っていきましょう。

犬にシャンプーが必要な理由

犬にシャンプーが絶対に必要ということはありませんが、シャンプーすることで犬にも人間にも良い事はありますよ。

では、シャンプーをする理由について挙げてみます。

皮膚病や感染症を防ぐ

肌を清潔にすることで、皮膚病や感染症の予防につながります。

子犬もお風呂にいれてOK!

免疫力が弱い子犬を、皮膚病や感染症から守ることが出来ますよ。

ただし、シャンプーは子犬の弱い肌に刺激が強いですので、シャワーだけで短時間で済ませましょう。

シャンプーは、早くても生後4か月を過ぎるまでは使わないように!

汚れを落とす

散歩中に泥んこになった時や、汚い物の上で転がってしまった時など、その汚れを落とすためにお風呂に入れてあげましょう。

特に室内犬ですと、家の中の衛生面への影響も大きいですので、酷い汚れはお風呂で落としましょう。

マッサージで血行促進

犬の体をシャンプーすると同時に、全身をマッサージしていることになります。

これによって、血行が良くなるので犬の体に良い影響を与えます。

健康チェック

全身を触ることで、痛がる場所がないかの確認が出来ます。

しこりは出来ていないか、怪我はないか、健康チェックに役立ちます。

スポンサーリンク

シャンプーの頻度について

シャンプーは、月に1~2回のペースで十分でしょう。

あまり頻繁におこなうと、犬の体に必要な皮脂まで落としてしまうのです。

毛の皮脂は汚れから守ってくれる働きがあるので、シャンプーのし過ぎは逆に体が汚れやすくなります。

また、肌のバリア機能が弱まり皮膚病になる可能性が高まります。

シャンプーをしないで、ただお湯に浸かるだけなら毎日でも大丈夫!

お湯に入るのが好きな犬なら、体調を観察しながらお風呂に入れてあげましょう。

ただし、高齢だったり心臓病の場合は、体への負担が大きいですので、汚れが酷くなければ濡れタオルで拭く程度にしておきましょう。

お風呂の入れ方

お湯の温度に気をつけて下さいね。

35~37℃くらいの、ぬるいお湯を使うようにしましょう。

人間の感覚だと40℃くらいが丁度良く感じますが、それだと犬にとって熱過ぎるのです。

シャンプーをする場合は、顔は避けて下さい。

首から洗い始め、お尻に向かって泡立てていきます。

最後にすすぎを念入りにしてくださいね。

シャンプーが残っていると、肌荒れの原因になってしまいます。

最後に

犬のシャンプーについてお話をしましたが、いかがでしたか?

私が以前飼っていた犬は、水浴びが大好きだったので特に苦労なく洗うことが出来ました。

でも中には、お風呂嫌いな犬もいるようです。

そう言った場合は、本当に汚れが酷い時だけにしておけば良いでしょう。

必ず月に1回洗わなくてはいけない、というわけでもありませんので。

濡れたタオルで拭くだけでも、結構汚れは取れますよ。

なるべくストレスの無い形で、清潔にしていられると良いですね。