犬の皮膚って、結構トラブルが起きやすいんです。

そんなトラブルの中に、イボがあります。

愛犬を触っていて、そのような物が見つかったらドキッとしますよね。

a33310f5db0d985d076c02b798f7a6c3_s_082518_043847_PM

もしかして、悪い病気ではないかと。

そこで今回は、見つけたイボは放置して大丈夫なのかということと、病気の可能性についてもお話していきます。

イボは珍しいものではない

犬の体って、イボが出来やすいってご存知でしたか?

人間に比べると、とてもイボが出来やすいんです。

特に高齢の犬に、その傾向が強いです。

また、パセットハウンド、コッカースパニエル、キャバリアなど、イボが出来やすい犬種もいろいろあります。

スポンサーリンク

イボの種類

一口にイボと言っても、いろんな種類があります。

良性か悪性かという事もそうですし、大きさや硬さなどにも違いがあります。

それでは、どのようなイボがあるか紹介していきます。

脂肪腫

ブヨッとして柔らかいのが特徴のイボです。

形が丸く、脇の下や足の付け根、胸やお腹にも出来ます。

良性なので、体に害があるものではありません。

乳頭腫

見た目が乳頭のようなので、この名前がついているイボ。

痛みがなく、良性なので健康面での心配はありません。

黒色腫

名前の通り、黒いイボです。

悪性の場合もありますが、色の濃さでは判断出来ません。

きちんと検査をして貰うことをおすすめします。

ドーム型のイボが、頭やお腹、胸、足などに出来ている場合は良性の事が多いです。

口の中に出来ている場合は、悪性の事もあります。

基底細胞腫瘍

シコリが出来て、触ると硬いのが特徴。

殆どが良性ですが、放置してイボがどんどん深くなると、切除する必要も出てきます。

毛包腫瘍

イボの周りの毛が抜けるのが特徴。潰瘍化することもあります。

1cmくらいのものから、大きいと20cmくらいのものもあります。

良性なので、健康への害はありません。

悪性かどうかの判断

突然イボを発見したら、悪い病気ではないかと慌ててしまう人もいることでしょう。

そのイボが悪性かどうか、すぐに知りたいと思いますよね。

ですが、残念ながら素人が判断するのは難しいようです。

経験を積んだ獣医師でも、初見での判断は難しいそうです。

良性なら、数週間から数か月で自然に消えていくようです。

それが消えずに、次第に大きくなるようでしたら悪性の可能性が高いです。

また、境界線がハッキリしていなかったり、皮膚の中にまでつながっていそうな場合も悪性の可能性があります。

イボの色や痛みの有無では判断出来ません。

動物病院で検査をして貰ってください。

最後に

犬の体に出来たイボについてお話をしましたが、いかがでしたか?

スキンシップ中に突然イボを発見すると、やはり悪い病気を疑ってしまいますよね。

でも良性のイボである事も多いので、まずは獣医師に相談して見ることをおすすめします。