愛犬の呼吸で、たまに「フガフガ」とか「ブヒブヒ」といった、「いびきのような音」が気になる事ってありませんか?

病気かと思ってドキッとしても、しばらくすると普通の呼吸に戻りケロッとしています。

d86e7560da0d27694100ae3aeddeaa25_s_072018_112653_AM

これは「逆くしゃみ」と呼ばれるものなのですが、放置していても大丈夫なのでしょうか?

今回は、この逆くしゃみについての説明と対処法についてお話をしていきます。

フガフガという呼吸は、逆くしゃみ

フガフガと、とても苦し気に呼吸をし始める犬を見たら、飼い主は慌ててしまいますよね。

でも、しばらくすると止まってしまうことが殆どなんです。

これは「逆くしゃみ」と呼ばれるもので、特に小型犬や短頭種に見られることが多いです。

発作性呼吸とも呼ばれており、何の前触れもなく突然起こるのが特徴です。

その時の犬の呼吸がどうなっているかというと、鼻から勢いよく空気を吸いこみ続けている状態です。

見ている飼い主まで苦しくなってくるような、本当に辛そうな呼吸をします。

スポンサーリンク

逆くしゃみの対処法

逆くしゃみは、殆どの場合しばらくしたらおさまります。

数秒から1分くらいだと言われています。

特に病院に連れて行かなくても大丈夫なのですが、出来れば少しでも楽にしてあげたいですよね。

早く終わらせるには、唾を飲みこむと良いと言われています。

そのために、鼻に息を吹きかけたり、鼻先に手を当てた状態で喉や胸を撫でてあげると良いでしょう。

症状が似ている病気

逆くしゃみだと思っていたら、実は病気だった!

そんな話も聞きます。

病気として考えられるのは、呼吸器系や心臓の病気です。

気管虚脱という病気は、アヒルの鳴き声のような咳をするのが特徴です。

ケッケッといった感じの咳が出たら、僧房弁閉鎖不全症の可能性があります。

逆くしゃみかそうでないか、自分で判断できない場合や、飼っている犬が高齢の場合など、もし気になるようなら病院で診てもらうことをおすすめします。

最後に

突然、発作的に「フガフガ」と苦しそうな呼吸が起こる「逆くしゃみ」。

とても苦しそうな様子を見て、慌ててしまう飼い主さんも少なくありません。

でも、病気ではないので特に治療の必要はないそうです。

ただし、ほかの病気によっても呼吸に異常が生じる事があります。

逆くしゃみだと思っていたら、ほかの病気からくる咳だったという場合もあります。

咳かくしゃみか判断に迷ったら、動物病院に相談してみましょう。