宿根草というのは、一度植えれば毎年花を咲かせてくれる植物のことです。

季節毎に違った花を見るのも楽しいですが、お世話に時間を掛けられない人には宿根草がおすすめです。

我が家の庭にも、植えっぱなしの植物がたくさんあります。

3321939_s_071420_113306_PM

殆ど手を掛けなくて済む植物が多いので、楽ですよ。

ここでは、そんな宿根草の中から、特に人気のあるものを紹介いたします。

宿根草って、どんな植物なの?

まずは、宿根草について説明をしますね。

宿根草は、大きく分けて次の二つに分かれます。

花が咲き終わると、地上が枯れて根だけで冬を越すもの

スズラン、シャクヤク、クレマチスなど

花が咲き終わっても葉が枯れず、そのまま冬を越すもの

クリスマスローズ、ゲラニウム、コモンセージなど

ちなみに、一年草や二年草と呼ばれる植物もあります。

一年草は越冬出来ないため、毎年植えなければなりません。

例えば、アサガオ、インパチェンス、ヒマワリ、ジニアなどです。

二年草は、春か秋に発芽して越冬し、翌年の春~初夏に花が咲きます。

例えば、ジキタリス、カンパニュラなどです。

人気の宿根植物

スズラン

白い鈴のような、小さい花をたくさん咲かせます。

「幸福の再来」という、縁起の良い花言葉を持っています。

庭に植える場合は、ドイツスズランが丈夫でおすすめです。

クレマチス

つる性植物の女王と呼ばれており、大きな花はとても華やかで人気があります。

散歩をしていると、クレマチスが咲いている家を結構見かけます。

品種も多く、自分の好みの花を探すのも楽しいですよ。

ゼラニウム

名前を知らなくても、きっとどこかで目にしている花だと思います。

赤やピンク、白の花をたくさん咲かせるので、とても明るい雰囲気になります。

ゼラニウムの独特な香りは虫が嫌がるので、害虫の被害が少ないでしょう。

ミヤコワスレ

薄いブルーの花が印象的なミヤコワスレですが、品種改良が進んだ今では、ピンクや白い花もあります。

品種によって草丈が違い、20~70cmと幅広いです。

半日陰でよく育ちます。

エリゲロン

聞き慣れない名前かも知れませんが、特に珍しい花ではありません。

キク科で小さな花を次々と咲かせてくれます。

白やピンクの花がとても可愛らしく、丈夫なので初心者の人でも安心して育てられますよ。

最後に

植えっぱなしでOKの宿根草について、人気の種類を紹介いたしました。

一度植えれば毎年決まった時期に花を咲かせてくれるので、お世話が楽ですよ。

日向が好きだったり、半日陰が好きだったり、色々なタイプがあります。

自分が植えたい場所に合わせて選んでみると、良いでしょう。