初めての子連れ海外旅行でハワイを選ぶ理由

「子供達を連れて海外旅行へ行きたい!」と考えているなら、断然ハワイをおすすめします。

飛行時間は行きが6〜7時間、帰りが7~8時間と若干長いのですが、ハワイは観光地のため、日本語表記が多く、パスポートとカードさえ持っていれば、大体のものは手に入るので困ることはありません。

s-005

その割には、他の国からの観光客も多いため、日本人ばかりということもなく、海外に来ているという実感があります。

また、ワイキキ周辺のホテルに泊まれば、どのホテルに泊まっても、ビーチは目の前で、すぐ遊びに行けるので子供達も退屈しません。

ハワイといっても…

「ハワイ」とよくいいますが、ハワイ州はハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島など8つの島と100以上の小島からなっていて、主に家族旅行で行かれるのは、ワイキキビーチのあるオアフ島です。

ハワイ島は大自然の島なので、子連れで行くようなところではないです。

スポンサーリンク

オススメの時期は?

ハワイって、家族全員行こうとすると結構、費用がかかるイメージがありますよね。

お値打ちに行きたい方におすすめの時期は、GW明けから7月中旬(夏休み前)までです。

4月の春休み明けからGW前までも安いのですが、ハワイのシーズンが雨季のためおすすめできません。

ハワイでの過ごし方。子連れはレンタカーが動きやすい!

お子さんの年齢にもよりますが、小学校低学年まではレンタカーを借りると大変、過ごしやすいです。

アクティビティのツアーなどは小さいお子さんは参加できないものが多いですし、参加できてもツアーとなると時間が決められており、周りと行動を合わせなければ、というストレスも感じます。

レンタカーを借りてしまえば、自分たちの時間で、好きに動くことができるので、ストレスフリーです。

また、レンタカーの予約は出発前に国内で済ませておきましょう。

旅行を申し込んだ旅行会社などでレンタカーを申し込めることが多いです。

おすすめスポット

アラモアナセンター

大きなショッピングモールです。

ホノルル空港からワイキキ周辺に向かう途中にあるので、1日目に行くのがオススメです。

日本から持って行く荷物を最低限にし、ここで服や帽子などを調達するのも一つの手です。

フードコートもあるので、食事もできます。

ハナウマ・ベイ

自然保護区となっているビーチです。

ビーチに入る前に海を汚さないように、サンゴ礁を大事にしましょう、といったようなビデオを見てから入ります。

有料となっているのですが、午後から行くと無料で入れることもあります。

浅瀬でも魚を見ることができるのでシュノーケルを持参することをオススメします。

s-002_080117_091404_PM

ドール・プランテーション

大きなパイナップルパークです。

s-006_080117_091613_PM

パイナップル・エクスプレスという機関車の乗り物に乗ってパーク内を見学したり、世界最大の巨大迷路でスタンプラリーをしたりと、子供達が喜ぶスポットとなっています。

s-007_080117_091721_PM

フードカウンターもあり、どれもボリュームのあるメニューが揃っています。

ドール・プランテーションに行ったら、パイナップルのソフトクリームは、ぜひ食べていただきたい一品です。

s-003_080117_091946_PM

お昼近くには、かなり混んできますので、午前中に行くと良いです。

ハレイワ(ノースショア)

ハレイワはサーファーが集まる地域ですが、サーファーでなくても楽しめます。

ドール・プランテーションに行ったのなら、ついでにハレイワまで足を運んでいただきたいです。

ノースショアマーケットに車をおき、歩いて北上すると、ローカルなお店が立ち並び、雰囲気のいいところです。

ノースショアで有名なガーリックシュリンプもこの通りにある、マカロンシュリンプワゴンで食べることができます。

カイルア・ビーチパーク

カメ遭遇率No.1のビーチです。

ほぼ100%、カメを見ることができます。

もし、見ることができなかったら、よっぽど運が悪かったと思ってください。

天然のカメをこれだけ近くで、見られるのは貴重な体験となるので、ぜひお子さんを連れて行ってあげて欲しいです。

s-001_080117_092037_PM

ビーチが駐車場の反対側となっていて、横断歩道や信号などもない道なので、道路を渡る時は注意してください!

金曜夜の花火はチャートハウスで!

金曜の夜に滞在予定なら、ディナーはチャートハウスをオススメします。

こちらのレストランは、子連れでも入りやすく、お子様メニューもあります。

金曜夜は混むので、早めに予約してください。こちらのレストランからは、ヒルトンホテルの花火を見ることができます。

ただし、見えない席もあるので、注意してください。

もう一つ、注意しなければならないのが、金曜の夜に花火が絶対、上がるわけではないということです。

ヒルトンホテルの気まぐれなので、上がらない日もあります。

7時45分からとなっていますが、時間が早くなったり遅くなったりする場合もあります。

ちなみに、レストランの人に花火のことを聞いても「分からない」と言われるだけなので、花火はあまり期待せず、見られたらラッキーと思ってください。

お土産はウォルマートかドンキ、おしゃれな雑貨はターゲットで

ウォルマートは、よく耳にすると思います。

安いスーパーマーケットなので、お土産購入にオススメです。

また、近くにドンキ・ホーテもあるので、こちらでお土産を買うのもいいですね。

ワイキキ周辺から離れるのですが、カハラ方面にはターゲットというスーパーマーケットもあります。

こちらもアメリカでは有名で、可愛い雑貨や、子供服が多いです。

なので、可愛いものやおしゃれなものが買いたい時はターゲットへ、お土産など安く買いたい時は、ウォルマートかドンキへと使い分けるとよいでしょう。

ちなみに、2017年10月にはアラモアナセンターにターゲットができるそうです。

s-004_080117_092159_PM

クレカでの支払いで注意したいこと

クレジットカードでの支払いの際に、暗証番号が必要だったりサインが必要だったりとその時々です。

海外旅行ではカード支払いがとても便利ですが、その際に気をつけたいことがあります。

それはドルで支払うか、円で支払うか聞かれた(選択する)場合です。

口座内に円しかないので、円での支払いを選択しなければならないよう思いますが、必ずドルでの支払いを選択してください。

円での支払いを選択した場合、マージンを取られるので損します。

最後に

子連れのハワイ旅行は断然、レンタカーがオススメです。

ただし、左ハンドルに、右側通行と、慣れない交通ルールの中での運転となるので、もしものための保険はかけてくださいね。

ちなみに、免許証は日本の免許証があれば海外でも運転することができます。

それでは、みなさん良い旅を!