自分の身体を作っている源、それは食事とも言えるでしょう。

病気に負けない身体づくりの基本となるので、何かの症状を回復させたいときは、食べ物を見直すことも大切です。栄養が偏っていると、自律神経が乱れてしまい、自身が持っている免疫機能が正常に働いてくれません。

そうなると、病気だけではなく、風邪やアレルギー症状などを引き起こす原因となるでしょう。

b8f9a6e77c899235e37b05c2798fb1c4_s

花粉症など、今では国民病と言われるほどで、国民の4人に1人が発症しているそうです。

花粉症のつらい症状を、少しでも軽減させるための対策として、また、花粉症にならないための対策としても、食べ物をちょっと工夫するだけで、ずいぶん変わってくることもあると思います。

毎日の食事に取り入れたい、花粉症の対策に効果が期待できる食べ物を、いくつかご紹介します。

花粉症の対策に効果が期待できる食べ物

ヨーグルト

ヨーグルトに含まれている乳酸菌には、腸内にある免疫細胞を活性化してくれる働きを持っています。

約7割の免疫細胞が腸内に存在しているそうなので、ヨーグルトを食べることで、免疫機能アップが望めます。

生姜

生姜の主な成分であるショウガオールは、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどに効果があるそうです。

しかし、生の生姜を食べたのでは、ショウガオールの効果が低いので、加熱したり煮詰めたりして食べるのがオススメです。

納豆

納豆は栄養価が高く、日本に昔からあり、主に東日本では馴染みがある食品でしょう。

納豆菌は、特有のネバネバ成分のレバンと、アミノ酸が結合した天然の成分のポリグルタミン酸が含まれているので、納豆を食べることで免疫力を高めてくれます。

また、花粉症の症状を和らげてくれると言う、S-903納豆菌を使った商品もあり、花粉症対策として期待できそうです。

その他

この食べ物以外にも、じゃがいもやシナモン、大根おろしなどの食べ物にも、花粉症対策に効果が期待できるそうです。

スポンサーリンク

花粉症の人は控えたい食べ物

花粉症の人が栄養を摂りすぎてしまうと、身体の免疫機能が働き過ぎてしまい、疲れてしまうので、花粉症が悪くなってしまうこともあります。

高カロリーで高タンパクな食事はできるだけ控えて、肉の赤身や、鶏肉のささみ、魚をメインのメニューをおすすめします。

また、お菓子などの甘い食べ物も避けた方が良いでしょう。糖分を摂りすぎると、身体の血液循環が悪くなるので、免疫力が下がってしまうでしょう。

他にも、刺激が強い香辛料や、アルコール類、たばこなどは、鼻や喉の粘膜を刺激してしまうので、控えた方が良いでしょう。

最後に

花粉症に効果が期待できる食べ物だからと言って、食べ過ぎはよくありません。

まずは、自身の食生活を見直すことから始め、無理をせず、適度に食べ物を取り入れるようにしてください。

また、食べ物を見直すことと同時に、花粉に触れない生活を送ることも心掛けてください。